« オウムの死刑囚たちの死刑が執行 | トップページ | 【愛犬物語 其の二百八十四】 島根県松江市 売豆紀神社の子宝いぬ »

2018/07/08

【愛犬物語 其の二百八十三】 島根県松江市 石宮神社の犬と猪が石になった伝説

_87a0492

_mg_0246

_87a0483

_mg_0231


松江市宍道町にある石宮神社には、大国主命が犬とともに猪を追いかけたとき、犬と猪が石になったという伝説が伝わっています。

猪(しし)の道を意味する「宍道(ししぢ)」と呼ぶようになったのが地名の由来になったとか。

鳥居の両脇にあるのが「猪石」で、拝殿の後ろ、石の柵で囲われた2メートルほどの巨石が、ご神体の「犬石」。

形は、まったく犬にも猪にも見えませんが。

だれもいない静かな神社です。拝殿の正面が狭くて、崖になって道路に面しています。だからむしろ後ろの方が正面のようにも思えてきます。

ところで、近くにある「女夫岩」が「猪石」と比定される説もあるそうです。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« オウムの死刑囚たちの死刑が執行 | トップページ | 【愛犬物語 其の二百八十四】 島根県松江市 売豆紀神社の子宝いぬ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オウムの死刑囚たちの死刑が執行 | トップページ | 【愛犬物語 其の二百八十四】 島根県松江市 売豆紀神社の子宝いぬ »