« 「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産推薦候補に選定 | トップページ | 映画『沈黙 -サイレンス-』2016年を観て »

2018/07/23

【愛犬物語 其の二百八十九】兵庫県養父市 養父神社の狼像

_87a0815

_87a0820

_87a0859

_87a0865

_87a0890

_87a0891


養父神社は円山川の南岸に鎮座します。静かな境内を進むと、拝殿の前に2対の狛犬が並んでいます。

そのうちの1対を見た時「なんだ、これは」と度肝を抜かれてしまいました。

背を曲げ尾を高く上げたかなりユニークな姿の像で、明治26年(1893)に建立された狼像だそうです。(養父市HP参照)

口を開けている方が雌で、閉じている方が雄の像です。どちらもすばらしい造形です。今まで全国の狼像を見てきましたが、自分の中では、かなり上位に来る狼像になりました。

ここでも狼は、田畑を荒らす猪や鹿から作物を守る益獣として、守り神になっているようです。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産推薦候補に選定 | トップページ | 映画『沈黙 -サイレンス-』2016年を観て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産推薦候補に選定 | トップページ | 映画『沈黙 -サイレンス-』2016年を観て »