« 遠藤公男著 『ニホンオオカミの最後』 | トップページ | 今日から二十四節気「霜降」、七十二候「霜始降」、中国では「豺乃祭獣」 »

2018/10/22

「東北お遍路写真コンテスト2018」の審査は福島県広野町で

Img_20181021_150118958

Img_20181021_135254014

Img_20181021_140423985


「東北お遍路写真コンテスト2018」の審査会が行われました。今年の会場は福島県広野町公民館研修室でした。

都内から特急電車でいわき駅まで行くと、改札でお遍路プロジェクト理事長の新妻さんが待っていてくれました。

いつもは車で来るところなので、電車で来ると風景も違うし、新鮮な感じです。

広野町には震災前の約8割の住民が戻っているそうです。公民館の近くにはイーオンも新しくできています。こういう店がないと生活できません。いわき市まで買い出しに行くのは、日常的にはちょっと遠すぎます。

海岸線では植林が行われていました。将来の防潮林帯になるのでしょうか。

審査は2時間ほどかかって、最優秀賞、優秀賞、佳作、入選、それぞれの写真が決まりました。

結果発表は、後日、東北お遍路の公式HPと、当ブログで行います。しばらくお待ちください。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 遠藤公男著 『ニホンオオカミの最後』 | トップページ | 今日から二十四節気「霜降」、七十二候「霜始降」、中国では「豺乃祭獣」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遠藤公男著 『ニホンオオカミの最後』 | トップページ | 今日から二十四節気「霜降」、七十二候「霜始降」、中国では「豺乃祭獣」 »