« 狼信仰・狼像の本は楽しいものに | トップページ | 旅行記・エッセイ 『ワンダーラスト : 旅と写真は私のセラピスト』 »

2019/02/11

「サウジアラビア 外国人の観光旅行解禁へ」のニュース

Mg_8691


とうとう来たかぁ、という思いです。今まで観光では入れなかった、最後の秘境、サウジアラビア。

最近は、何かと話題になっているサウジですが、女性に車の運転を認めるとか、いいニュースもあった一方、ジャーナリストのカショギ氏の殺害に皇太子も関わっているのではないか、といった悪いニュースもありました。

そして今回は、「ワンダーラスト」な人たちには、待望のニュースです。外国人向けの観光ビザの発給を解禁する方針だそうです。いつか行ってみたいと思っていたサウジに、とうとう観光客として行ける時代がやってきたなぁと。

NHK NEWS WEB 「サウジアラビア 外国人の観光旅行解禁へ 遺跡にホテル建設計画」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190211/k10011810901000.html

そこで、サウジで行ってみたい場所なんですが、ある壁画が発見されています。「また犬像かぁ?」とあきれ返られるかもしれませんが、世界で最も古い犬の絵画らしいのです。

サウジアラビア北西部、アラビア砂漠の2つの岩に13匹の犬が描かれています。中にはリードで繋がれている犬の絵もあります。人との関係がわかる絵ですね。

the WOOF 「お散歩の時はリードをしよう〜8000年前の絵画もそう語っている」
https://woofoo.jp/editors_desk/8000-year-old-rock-art/?utm_content=buffercbe06&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer

ただ、いつ描かれたか、というのはまだ確定していないらしく、研究者によってばらつきがあるようですが、「少なくとも8000年前のもの」という研究チームの主張が認められれば、「世界で最も古い犬の絵」になるようです。しかも、それがリードでつながれた犬、というのは、ちょっと意外で驚きです。昔からリードを使っていたのかと。

でも、今回の観光ビザ解禁の発表には、外国から見られているサウジの悪いイメージを払しょくしたいという思惑もあるのでは、ということですが、俺もそう感じます。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 狼信仰・狼像の本は楽しいものに | トップページ | 旅行記・エッセイ 『ワンダーラスト : 旅と写真は私のセラピスト』 »

コメント

オジンガーZeitさん

コメントありがとうございます。

リードを腰に巻き付けているらしいところに目が行って、「弓」には目がいきませんでした。

形は確かに違っているんでしょうね。

投稿: あおやぎ | 2019/02/11 18:46

貴重な画像をありがとうございます。
私は古代の弓の形に興味があるので、とても参考になりました。

投稿: オジンガーZeit | 2019/02/11 09:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 狼信仰・狼像の本は楽しいものに | トップページ | 旅行記・エッセイ 『ワンダーラスト : 旅と写真は私のセラピスト』 »