« 狼信仰と稲作との関係 | トップページ | 『オオカミは大神』プレスリリース »

2019/04/16

ノートルダム寺院燃える

1979paris

こんな悲劇が起こるんですね。ノートルダム寺院が燃えています。

初めて海外旅行に出たのが大学4年の5月下旬。

北周りの大韓航空機でパリに着いたのですが、どうも実感がなく、「華の都」もこんなものかと半ば冷めた感じで旅を始めたのでした。

でも、ノートルダム寺院のステンドグラスを見たときは、ヨーロッパに来たことを実感しました。寺院の空間は日本にはないもので、ステンドグラスの光を見つめていると妙に気持ちが落ち着きました。

8月には帰国する予定でしたが、結局8カ月ヨーロッパに滞在してしまいました。

旅の最後はギャルソンとしてパリで働きましたが、Rue de Dragonにある店で、ノートルダム寺院までは約2kmでした。だから休みの日なども時々中に入っていました。屋根裏のアパートもこのあたりだったと思います。

当時はまだ何をやりたいかわからなかったのですが、ステンドグラスや絵を見て、ビジュアル関係のことにはとくに興味があったようです。

火事の原因は何なのでしょうか。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 狼信仰と稲作との関係 | トップページ | 『オオカミは大神』プレスリリース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 狼信仰と稲作との関係 | トップページ | 『オオカミは大神』プレスリリース »