« 【犬狼物語 其の三百六十四】 新谷尚紀著『神々の原像 祭祀の小宇宙』のしっぺい太郎の話 | トップページ | 【犬狼物語 其の三百六十六】 群馬県桐生市 三峯神社 »

2019/07/02

【犬狼物語 其の三百六十五】 群馬県みなかみ町 湯原神社隣の三峯神社の子狼像

287a4532

287a4495

287a4506

287a4511

287a4519

 群馬県みなかみ町の湯原神社境内にある三峯神社のお犬さまに会いに行きました。

平日の雨降りの湯原温泉街は、人通りも少なくひなびた温泉街という印象ですが、水上温泉郷には、水上温泉、宝川温泉、谷川温泉などあって、この湯原温泉が「水上温泉」として知られている古くからの温泉街だそうです。 

観光会館の西側、国道291号線を挟んだ高台に鎮座するのが湯原神社です。三峯神社は、その湯原神社に隣接した高台の際に鎮座し、温泉街を見渡せます。

三峯神社自体は大きくありませんが、祠の左右で守護する狼像は、子狼のようで可愛らしい。なにしろロケーションが素晴らしいし(たぶん晴れていたらもっと良さそうですが)、温泉に入ったあと、ついでにでもいいので、会いに行く価値はある狼像なのではないかなと思います。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 【犬狼物語 其の三百六十四】 新谷尚紀著『神々の原像 祭祀の小宇宙』のしっぺい太郎の話 | トップページ | 【犬狼物語 其の三百六十六】 群馬県桐生市 三峯神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【犬狼物語 其の三百六十四】 新谷尚紀著『神々の原像 祭祀の小宇宙』のしっぺい太郎の話 | トップページ | 【犬狼物語 其の三百六十六】 群馬県桐生市 三峯神社 »