« 今日は、二十四節気「立秋」、七十二候「涼風至(すずかぜいたる)」 | トップページ | 10個の太陽と12個の月 »

2019/08/09

犬笛戦術

Img_3029

 

犬笛とは、人間が聞くことのできない高周波数の音を出すことのできる笛のことです。

写真のタイプの犬笛は「Shepherd's Whistle(羊飼いの笛)」とあり、 牧畜を補助する牧羊犬に命令を出すための可変ピッチの笛だそうです。半円形の部分をマウスピースのように口にくわえて息を出すと、ピーーーーーという高音が出ます。

犬笛が発するのは、16000Hzから22000Hzの音ですが、20000Hzの音までしか聞き取ることができない人間とは違って、犬には聞こえる範囲です。だから犬笛。実際には、犬以外にも猫の訓練などにも使われているそうです。

でも、ここで話題になっている「犬笛」は、ちょっと危ない話題です。

「政治家が特定の有権者を意識して暗号のような表現を使い、「人心を操る」政治手法のことを、「犬笛」戦術と呼ぶ。犬にしか聞こえない周波数で鳴る笛と同じように、その意味が分かる人にだけ分かるように工夫された、多くの場合は人種差別的なメッセージのことだ。」

というのです。(BBC NEWS JAPAN  https://www.bbc.com/japanese/video-47025445)

本当の意味は特定の層にしか伝わらないという暗号のようなものらしい。これは何もアメリカだけの話ではないのではないかと思います。今まで気が付いていないだけで、いや、気にしていなかっただけで、裏に隠された本当のメッセージがあるんだろうなぁと想像することはできます。あるいは、みんな薄々気が付いていたのかもしれませんが。 

 このBBC NEWSによれば、選挙戦のとき敵陣営は、オバマ氏のことも、「外国人である」イメージを植え付けるためこの手法が取られました。オバマ氏のアフリカの民族衣装を着ているときの写真を意図的に使ったり、オバマ氏の名前を、「バラク・フセイン・オバマ」と呼ぶだけで、「フセイン」はイラクの「サダム・フセイン」を暗にイメージさせ、オバマ氏の異国性や非白人を強調したというのです。

 いつからこの「犬笛」戦術が取られるようになったかというと、公民権運動前までのアメリカでは、堂々と人種隔離を訴えて選挙戦を行なっていましたが、その後、こういう直接的表現が許されなくなって、犬笛戦術が取られるようになったらしい。でも、「差別はいけない」と言いながら、内容は変わっていません。

耳障りの良い話になっただけで、実は、聞こえていないところにこそ本音がある、という話です。逆に耳障りの良い話には注意が必要だ、ということにもなるのでしょう。

 日本は今、韓国との関係が悪くなっているように見える状況ですが、ここにも「犬笛」が潜んでいるのかもしれません。でも、やっかいなのは、「犬笛」を吹いている人間は、表向きには「嫌韓」を叫んでいない、ということなんでしょう。

他人がそれを見破るのは難しいこともありますが、実は、犬笛を吹いている人間自身が、無意識で吹いている可能性があります。「自分は差別主義ではない」と思っているかもしれないのです。

最後、BBCの記事では、みんなが犬笛に気が付けば、犬笛戦略の効果はなくなるだろうと言っています。 

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 今日は、二十四節気「立秋」、七十二候「涼風至(すずかぜいたる)」 | トップページ | 10個の太陽と12個の月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日は、二十四節気「立秋」、七十二候「涼風至(すずかぜいたる)」 | トップページ | 10個の太陽と12個の月 »