« 映画『TOKYO24』完成披露舞台挨拶イベント | トップページ | 【犬狼物語 其の三百九十七】東京都世田谷区 砧・三峯神社の例大祭 »

2019/10/03

令和2年版「旧暦棚田ごよみ」入稿しました

1_20191001165101

03

 

令和2年版「旧暦棚田ごよみ」入稿しました。発売開始は、今月末ころになるでしょうか。

これが「令和」と印刷される初めての旧暦棚田ごよみになります。

旧暦は、公式には使われなくなっていますが、天気の話題では、いまだに「二十四節気」や「七十二候」が話題になるし、「中秋の名月」は、旧暦でないと意味がありません。

「棚田」も「旧暦」も、効率の悪さで見捨てられようとしてきました。でも、無くなりそうになって、その価値に気が付くということはたくさんあって、「棚田」も「旧暦」も、それに含まれるかもしれません。

「令和」という新しい時代に、新しいカレンダーを使ってみるというのもいいかもしれません。自分で言うのもなんですが、かなり使いづらいこよみです。でも、「使いづらい」「効率の悪さ」というのも、こんな便利な世の中では、ひとつの価値なんですね。今は、やたらと「効率の良い」「便利」「快適」なものが当たり前となっています。意外と「使いやすい」というのは、人間の脳を退化させているかもしれません。そして、使いづらいと「注意」が向くのです。意識するのです。

しかも、来年は閏年です。だから13カ月あります。頭が混乱してきます。ますます使いづらくなっています。掲載したのが表紙(京都府伊根町・新井の棚田)と、「閏卯月(閏4月)」(島根県益田市・中垣内の棚田)のページです。

どうでしょうか。 季節感を取りもどすには、優れたカレンダーではないかと思うんですが。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 映画『TOKYO24』完成披露舞台挨拶イベント | トップページ | 【犬狼物語 其の三百九十七】東京都世田谷区 砧・三峯神社の例大祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画『TOKYO24』完成披露舞台挨拶イベント | トップページ | 【犬狼物語 其の三百九十七】東京都世田谷区 砧・三峯神社の例大祭 »