« 【犬狼物語 其の四百四】「狼と頭蓋骨」江戸時代の象牙製の緒締め | トップページ | スライド&トークショー「オオカミは大神:狼像をめぐる旅」を終えて »

2019/11/23

二十四節気「小雪」、七十二候「虹蔵不見(にじかくれてみえず)」

151124

 

11月22日からは二十四節気「小雪」、七十二候「虹蔵不見(にじかくれてみえず)」です。

「虹を見かけなくなる」などといった意味ですが、冬場は日の光が弱まるので、確かに虹をあまり見ません。虹は「夏」のイメージの方が強いかもしれないですね。

虹の色を日本では「7色」と答えるのが一般的でしょうが、アメリカでは7色と6色に答えが分かれるらしい。メキシコのチャムラ族は3色、リベリアのバッカ語では2色、ジンバブエのショナ語では3色、ドイツ語では5色というふうに、民族(国)によっていろいろです。(『色を探求する』p.82参照)

色はもともとは無段階に変化していくので、「何色」と区切る仕方がこんなにも違うのはどうしてなのか、不思議です。

思考は言語が決めるという説(言語相対性仮説)があります。日本では小さいときから「虹は7色」と教えられるので、虹を見たとき、そこに7色を見てしまうというのです。

これに反論し、言語は文化に影響を受けるというものもあります。簡単に言うと、ある色とある色を区別するのは、何らかの文化的な理由があるから、その色名ができたということでしょうか。

いずれにしても虹の色数は民族によって違うというのは面白いし、逆に言うと、日本人であっても虹を6色であるとか、5色であるとか主張してもいいことになります。実際そう見えるならなおさらです。さすがに2色はないと思いますが。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 【犬狼物語 其の四百四】「狼と頭蓋骨」江戸時代の象牙製の緒締め | トップページ | スライド&トークショー「オオカミは大神:狼像をめぐる旅」を終えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【犬狼物語 其の四百四】「狼と頭蓋骨」江戸時代の象牙製の緒締め | トップページ | スライド&トークショー「オオカミは大神:狼像をめぐる旅」を終えて »