« 【犬狼物語 其の四百二十三】東京都板橋区 桜川 御嶽神社のお犬さま3対 | トップページ | 令和二年元旦、旧暦では十二月七日、二十四節気「冬至」、末候「雪下出麦(ゆきわりて むぎ のびる)」 »

2019/12/31

【犬狼物語 其の四百二十四】東京都板橋区 徳丸 北野神社の三峯神社

287a1065

287a1068

02_20191230091901

04

02

 

東京都板橋区の徳丸 北野神社を参拝しました。ここを参拝するのは2回目ですが、前回はいつだったか、たしか稲作をテーマにしているころで、2004年に出版した写真集『アジアの棚田 日本の棚田』にもこの神社の写真を掲載しているので、2002年ころではないかと思います。

狼信仰を追って、まさか同じ神社にたどり着くとは、なんだか不思議です。もっとも「稲作」と「狼信仰」にはつながりがあるし、別に不思議ではないわけですが、とにかく、お犬さまに導かれたのは確かなようです。

この境内に三峯神社が祀られています。神職さんの話では、講員は北野神社の氏子さんの何戸かで、ちゃんと三峯講は存在し、毎年ではないようですが三峯神社に登拝しているということです。

新しい白木の5柱が祀られた社の真ん中が、三峯神社でした。

ところで、前回参拝した時は、ここで「田遊び」の写真を撮るためでした。掲載している「田遊び」の写真はそのとき撮影したものです。

「田遊び」は「予祝儀礼」と呼ばれる稲作儀礼のひとつで、日本各地で行われています。旧正月にその年の五穀豊穣と子孫繁栄を祈願し、田の神に奉納する神事芸能で、一年の稲作りの手順を真似してみせることで、田の神が豊作を授けてくれることを願うものです。 

日本各地にあり、他に「御田植」「御田」などとも呼ばれています。その古い形をとどめた儀礼が、東京都に残っているのは意外な感じがしましたが、もともと湿地だった板橋区は、明治維新後に水田が拓かれ「徳丸・赤塚田んぼ」と呼ばれ、近年まで東京のコメ所でした。

昭和40年代に入ると高島平団地が開発され、水田は姿を消してしまいましたが、この「田遊び」だけが残りました。

現在、2月11日の「徳丸北野神社田遊び」と2月13日の「赤塚諏訪神社田遊び」が国の重要無形民俗文化財に指定されています。

徳丸北野神社の田遊びは、拝殿の前に注連縄を張って作られた聖域「もがり」の中で、1年間の農作業のしぐさが面白く演じられます。見ていてもわかりやすく楽しいものです。特に種蒔きのときの「福の種をまーこうよ」という唄が印象的で耳に残ります。

田遊びで使うモチや道具類の一番奥に見えるのは、「よねぼう」と呼ばれる稲を象徴する人形です。

媼面をつけた「安女(やすめ)」と翁面の「太郎次」とが、抱き合って生殖の様子を演技し、五穀豊穣を表現します。稲もこれに感染してたくさんの実を結ぶようにとの願いを込めるわけですね。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 【犬狼物語 其の四百二十三】東京都板橋区 桜川 御嶽神社のお犬さま3対 | トップページ | 令和二年元旦、旧暦では十二月七日、二十四節気「冬至」、末候「雪下出麦(ゆきわりて むぎ のびる)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【犬狼物語 其の四百二十三】東京都板橋区 桜川 御嶽神社のお犬さま3対 | トップページ | 令和二年元旦、旧暦では十二月七日、二十四節気「冬至」、末候「雪下出麦(ゆきわりて むぎ のびる)」 »