« 令和二年元旦、旧暦では十二月七日、二十四節気「冬至」、末候「雪下出麦(ゆきわりて むぎ のびる)」 | トップページ | 【犬狼物語 其の四百二十六】東京都板橋区 西台 天祖神社の1対の狼像 »

2020/01/02

【犬狼物語 其の四百二十五】東京都板橋区 桜川御嶽神社 お犬さま(狼)が動き出すとき

先日参拝した板橋区 桜川御嶽神社ですが、大晦日の夕方再び参拝しました。

正月用の提灯が飾り付けてあったので、この灯りでお犬さま(狼像)を撮影したいと思ったからです。

大晦日の夕方には大風が吹き、提灯の明かりが揺れて、まるでお犬さまが動き出したようでした。

お犬さまに導かれて異界へと一歩踏み込みます。そこは茫漠たる無意識の世界です。

新年を迎え、自分がどういうふうに生きていくのか、未来へのメッセージを探す場所、そこは夢の世界と似ています。 

 

《TOKYO WOLF》

The Ōkami Shinkō, the Wolf Faith in Tokyo.

The wolf faith in Japan has its roots in a reverence for the gods that protected farms.

 

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 令和二年元旦、旧暦では十二月七日、二十四節気「冬至」、末候「雪下出麦(ゆきわりて むぎ のびる)」 | トップページ | 【犬狼物語 其の四百二十六】東京都板橋区 西台 天祖神社の1対の狼像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 令和二年元旦、旧暦では十二月七日、二十四節気「冬至」、末候「雪下出麦(ゆきわりて むぎ のびる)」 | トップページ | 【犬狼物語 其の四百二十六】東京都板橋区 西台 天祖神社の1対の狼像 »