« 【犬狼物語 其の四百六十四】岡山県高梁市 疫病除けの木野山神社の狼さん | トップページ | 【犬狼物語 其の四百六十六】東京都品川区 大井三峯神社 »

2020/03/19

【犬狼物語 其の四百六十五】東京都港区 御田八幡神社の御嶽神社

287a8058_20200319152201

287a8042

287a8040

287a8045

287a8016

287a8028

 

先日開業したばかりのJR高輪ゲートウェイ駅で降りてみました。明るく広々とした駅の構内です。ガラス張りなので、周辺のビル群も良く見えます。まだ周辺は工事中のところもあって、西口の階段はまだ使えません。

東京都港区の御田八幡神社は高輪ゲートウェイ駅から徒歩15分のところに鎮座します。約1300年の歴史を誇る古社です。この「新旧」のコントラストが鮮やかです。これこそが「東京狼」のイメージでもあります。(残念ながら狼像がない)

亀塚公園のある高台から下ると第一京浜(東海道)が走っていますが、ここはかつて海岸沿いだったという。なので神社は海を見下ろす崖の上に建っていたようです。

明治2年には稗田神社といいましたが、明治7年に三田八幡神社と改称しました。さらに明治30年4月、「三田」を「御田」の旧名に戻し、御田八幡神社というようになったそうです。

昭和20年5月には、米軍による東京大空襲で、江戸時代に建てられた社殿を焼失してしまいました。昭和29年に、本殿権現造、幣殿・拝殿・神楽殿・社務所を再建しました。

境内には御嶽神社が鎮座します。赤いりっぱな祠の右側です。左側は五光稲荷神社でした。

また気になったのは、その奥に、扁額も読めない、朽ちかけた鳥居の、いかにも古そうな別な稲荷神社があって、たくさんの狛狐が置いてありました。一番奥の像は尻尾がお尻に回してあって、狼像に見えなくもありません。でも、今は、仮に狼だったとしてもすっかり狐の役割を果たしています。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 【犬狼物語 其の四百六十四】岡山県高梁市 疫病除けの木野山神社の狼さん | トップページ | 【犬狼物語 其の四百六十六】東京都品川区 大井三峯神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【犬狼物語 其の四百六十四】岡山県高梁市 疫病除けの木野山神社の狼さん | トップページ | 【犬狼物語 其の四百六十六】東京都品川区 大井三峯神社 »