« 写真展『疫病除けの狼像たち』終了のお知らせ | トップページ | 映画『パラサイト 半地下の家族』、「格差」を「臭い」で表現【ネタバレ注意】 »

2020/07/29

【犬狼物語 其の五百四】山梨県北杜市 柳原神社のユニークな狼(?)像

287a6633  

287a6640

287a6639

287a6643

287a6644

山梨県北杜市の国道141号線に面する柳原神社を参拝しました。

このあたりは「ホタルの里」でもあるようで、6月になると源氏ホタルの光の乱舞が見られるそうです。平成元年には、環境庁の「ふるさといきものの里」に認定されています。

問題の狛犬ですが、かなりユニークな姿です。いわゆる中国由来の狛犬とも違っているし、今まで見てきた狼像とも違います。鬣の先端は渦を巻いてお尻の方まで左右に続いています。

これとよく似た像が韮崎市穂坂町・山神社にもあるそうで、同じ石工の作なのでしょうか。こちらは、文化十年(1813)の建立とわかっているようです。「山神社」であれば、狼の可能性が高いという説に従って、俺もこれを「狼像」と呼ぶことにしたいと思います。

じゃっかん腰を浮かせているようでもあり、ヴィーノと暮らしている俺からすると、この態勢をみたら、すぐビニール袋を準備しますね。

あ・うん像とも、台座には「寅」「歳」「女(?)」の文字が見えました。奉納したのが寅歳の女性ということでしょうか。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 写真展『疫病除けの狼像たち』終了のお知らせ | トップページ | 映画『パラサイト 半地下の家族』、「格差」を「臭い」で表現【ネタバレ注意】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 写真展『疫病除けの狼像たち』終了のお知らせ | トップページ | 映画『パラサイト 半地下の家族』、「格差」を「臭い」で表現【ネタバレ注意】 »