« 2021年の干支は「牛・丑」 カンボジア・シエムリアップ | トップページ | 文明と野生、意識と無意識の境界を行き来するオオカミやイヌのイメージ »

2021/01/11

2021年の干支は「牛・丑」マダガスカルのゼブ牛

Img_5852

Img_5854

Img_6575

Img_6579

Img_6647

Img_6809

Img_5919

Img_7261

マダガスカルの中央高地、アンバラヴァウ郊外では、水曜、木曜の午前中を中心にゼブ牛を売買する市「ゼブ・マーケット」が開かれます。マダガスカル第二の規模だそうです。

島の西海岸にはバオバブ並木があります。周辺では稲作も行われていますが、農耕や運搬に牛が使われています。

イサル国立公園の入り口の水田では、牛をたくさん使って田んぼの泥の中を歩かせて耕す「踏耕」も見ました。(下から2番目の写真)

ところで、アジアを旅していて、牛に襲われたという話を聞いたことはありません。メコンの水牛だろうが、チベットのヤクだろうが、闘牛を別として、というものは、おとなしい動物だというイメージが焼きついています。

ところが、この感覚で、マダガスカルのゼブ牛に接するのは時に危険です。俺たちが、ある農家に立ち寄ったとき、ちょうど牛車から牛をはずしているところでしたが、「危険だから近づくな」と注意されたことがあります。

実際、ゼブ牛は、気性が荒く、暴れていました。「かわいい~」などと言って近づいたら大ケガをしそうです。もし、マダガスカルへ行かれる方は、注意してください。

ネパールへ行ったときは、「バフ・テキ」を食べました。「バッファロー(水牛)・ステーキ」のことですね。マダガスカルでも、ゼブ牛の肉料理はもちろんあります。「ゼブ・テキ」とは言わなかったようですが、アゴを丈夫にできるくらいの、程よい硬さのステーキを食べることができます。

アンチラベ郊外で食べた、ゼブ牛のタンの煮込み料理はうまかったですよ。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 2021年の干支は「牛・丑」 カンボジア・シエムリアップ | トップページ | 文明と野生、意識と無意識の境界を行き来するオオカミやイヌのイメージ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2021年の干支は「牛・丑」 カンボジア・シエムリアップ | トップページ | 文明と野生、意識と無意識の境界を行き来するオオカミやイヌのイメージ »