« 今日から二十四節気「小満(しょうまん)」、七十二候「紅花栄(べにばなさかう)」 | トップページ | 【犬狼物語 其の五百六十】 山梨県大月市&上野原市 王勢籠神社の狼のお札 »

2021/05/27

「北海道・北東北の縄文遺跡群」イコモスが「「登録が適当」の勧告

_mg_9333

 

_mg_9341

 

Img_0469

 

Img_0481

 

 

「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産に登録されるようです。イコモスによって「登録が適当」と評価されました。

「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成要素は、津軽海海峡を挟んで、北海道と北東北にありますが、その中に三内丸山遺跡や大湯環状列石が含まれています。

三内丸山遺跡は青森市の南西部に位置します。縄文時代前期中頃から中期末(紀元前3,900年~2,200年頃)の、日本を代表する大規模な縄文集落遺跡です。復元された建物や、出土した土偶などの展示品を見ることができます。

秋田県鹿角市の大湯環状列石は、「ストーンサークル」とも呼ばれていて、ミステリアスな雰囲気があります。

後期前半(紀元前2,000年~1,500年頃)の遺跡ですが、200年以上にわたって造り続けられました。大規模な共同墓地と考えられているようです。

メインとなる環状列石は直径40m以上もあり、「日時計」といわれる石柱が立っています。実際にこれが日時計かどうかはわかりません。

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

|

« 今日から二十四節気「小満(しょうまん)」、七十二候「紅花栄(べにばなさかう)」 | トップページ | 【犬狼物語 其の五百六十】 山梨県大月市&上野原市 王勢籠神社の狼のお札 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日から二十四節気「小満(しょうまん)」、七十二候「紅花栄(べにばなさかう)」 | トップページ | 【犬狼物語 其の五百六十】 山梨県大月市&上野原市 王勢籠神社の狼のお札 »