カテゴリー「【犬狼物語】犬像と狼像(狼信仰)」の567件の記事

2020/01/14

【犬狼物語 其の四百三十六~四百三十七】東京都台東区 下谷三峯神社&小野照崎神社の三峯・御嶽神社のお犬さま

Img_8967

Img_9018

Img_8991

Img_9035

 

東京都台東区の下谷三峯神社と小野照崎神社の三峯・御嶽神社を参拝しました。

夜のお犬さまです。提灯の明かりがある正月ならではの姿。夜こそはお犬さまが動き出す時間です。

以前の記事は、【犬狼物語 其の百五十九~百六十】でどうぞ。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/01/10

【犬狼物語 其の四百三十四~四百三十五】埼玉県蓮田市 閏戸 久伊豆神社の御嶽社&埼玉県上尾市 瓦葺 氷川神社の三峯神社

Img_8840(閏戸 久伊豆神社)

Img_8874(閏戸 久伊豆神社の御嶽社)

Img_8857(閏戸 久伊豆神社の獅子頭)

Img_8854(閏戸 久伊豆神社の獅子頭)

Img_8921(瓦葺 氷川神社)

Img_8933(瓦葺 氷川神社の三峯神社)

 

狼信仰の神社を参拝。 

埼玉県蓮田市の閏戸 久伊豆神社の御嶽社と上尾市の瓦葺 氷川神社の三峯神社の記録写真をアップしておきます。

 かつて閏戸 久伊豆神社は2社あって、旧122号線を挟んで「東の宮」「西の宮」が祀られていました。現在の神社は「西の宮」です。

 境内には、御嶽社が祀られていて、他に、石の獅子頭が残されています。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/01/09

【犬狼物語 其の四百三十一~四百三十三】埼玉県伊奈町 小針神社&小室氷川神社の御嶽社&白岡市 白岡八幡宮の三峰神社

Img_8783(小針神社の御嶽山)

Img_8915(小室氷川神社)

Img_8895(小室氷川神社の御嶽社)

Img_8832(白岡八幡宮)

Img_8826(白岡八幡宮の社殿)

Img_8818(白岡八幡宮の三峰神社)

Img_8802(白岡八幡宮の神馬神社)

Img_8798(白岡八幡宮)

 

埼玉県伊奈町と白岡市の狼信仰の神社を参拝。

伊奈町の小針神社と小室氷川神社の御嶽社、白岡市の白岡八幡宮の三峰神社の記録写真をアップしておきます。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

【犬狼物語 其の四百三十】埼玉県朝霞市 岡 氷川神社の御嶽山神社

287a1276

287a1288

287a1284

287a1285

 

埼玉県朝霞市の岡 氷川神社の御嶽山神社を参拝しました。

氷川神社は、岡村・根岸村・溝沼三村の鎮守として祀られていたそうです。

境内社として、八幡神社・三宝荒神社・水天宮・稲荷神社・猿田彦大神・菅原神社・天満宮・須賀神社・御嶽山神社がずらりと並んでいます。

御嶽山神社の碑の隣の立て札には、

「本社は奈良の芳野山系に位置する金峰山の蔵王堂の中心する聖地で平安時代に開山された火除け・家運隆昌・五穀豊穣の神とされています」

とあります。青梅市の武蔵御嶽神社は、奈良時代、金剛蔵王権現を安置して蔵王信仰の中心となり、鎌倉時代は、「金峰山御嶽蔵王権現」として武将たちに信仰されました。

神社の関係者の話では、明治39年の神社合祀政策によって各地に祀られていた神社を合祀したそうで、この御嶽山神社がもともとどこの集落にあったか、今ではわからないそうです。

少なくとも、岡地区には現在御嶽講はないそうです。もしあるとしたら、溝沼地区に御嶽講があるかもしれないとのことでした。

ところで、立て札の下に置かれていた茶褐色の石には、「御嶽」の文字が見えましたが、これは気になりました。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/01/07

まなびJAPANの連載「狼信仰」第10回:東北の山津見神社

1_20200105164001

まなびJAPANの連載「狼信仰」の第10回は、「東北の山津見神社 」です。飯舘村に本社が鎮座する山津見神社は、狼(御眷属)の天井画で有名です。詳しくは、こちらでお読みください。

https://manabi-japan.jp/culture/20191231_17504/ 

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2020/01/05

【犬狼物語 其の四百二十七~四百二十九】東京都板橋区 蓮根 氷川神社&志村 熊野神社の御嶽社&西 熊野神社の三峯神社

287a1184(蓮根 氷川神社の御嶽山)

287a1168(蓮根 氷川神社の古い稲荷社)

287a1147(蓮根 氷川神社の狛犬)

287a1226(志村 熊野神社の御嶽神社)

287a1218(志村 熊野神社の稲荷神社狛狐)

287a1235(志村城跡)

287a1262(西 熊野神社)

287a1265(西 熊野神社の狛犬)

 

御嶽神社と三峯神社を探しての神社巡りですが、狼像はなくてもいろんな発見があって、記録としてブログに掲載しておきます。

蓮根 氷川神社の御嶽山

志村 熊野神社の御嶽神社

西 熊野神社の三峯神社

この3社とも都営三田線の志村三丁目駅から徒歩20分圏内に鎮座します。

蓮根 氷川神社は、駅の北西方向にあります。御嶽山は塚の上に石祠が建っていました。狛犬のような像が対ではなく1体だけいましたが、狼像ではなさそうです。御嶽社・稲荷社は坂下3丁目にあったものを昭和10年に遷座したようです。 稲荷社の祠がまた古いんです。これだけの祠を見たことがありません。 

志村 熊野神社は駅の南側です。距離的には近くだと思っていましたが、高台にあるので、駅から急坂を上らなくてはなりません。熊野神社の境内、社殿の右側には数柱祀られた社があって、御嶽神社もその中に祀られていました。像が置いてありましたが、これは稲荷社の狛狐のようです。狼像はありません。

境内には他に、「志村城跡」の碑が建っていました。

西熊野神社はさらに南へ10分ほど坂を下った場所にあります。道の角にありますが、鳥居からして新しいようです。これもどこからか遷座したのかもしれません。ここの解説看板には「三峯神社は大正五年(一九一六)頃に現在の前野町五丁目十番にあった「一夜塚」から遷した」とあって、いっしょに三峯神社が祀られているらしいのですが、どれがそうなのかはわかりませんでした。

そのかわりかっこいい虎のようなレリーフの石(灯籠か?)が置いてありました。それと狛犬が独特で、四角いスイカが話題になりましたが、そんな感じがする四角の型にはめたような狛犬です。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/01/04

【犬狼物語 其の四百二十六】東京都板橋区 西台 天祖神社の1対の狼像

287a1086

287a1126_20200104082701

287a1106

287a1114

 

東京都板橋区西台の天祖神社を参拝しました。

鳥居をくぐると、境内は下り宮になっていて、奥の正面に社殿が見えます。
階段を下りたところに御嶽(おんたけ)神社があります。石祠の前で、高さ約30cmの一対のお犬さまが護っています。

左側に立つ阿形と思われるお犬さまのマズルは失われています。

だいたい、1対のうち阿形のマズルが無くなっているお犬さま像が多い印象があります。たとえば千住神社のお犬さまもそうだったと思うし、やっぱり、口を開けていると空間ができて、強度的に弱くなってしまうからでしょうか。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/01/02

【犬狼物語 其の四百二十五】東京都板橋区 桜川御嶽神社 お犬さま(狼)が動き出すとき

先日参拝した板橋区 桜川御嶽神社ですが、大晦日の夕方再び参拝しました。

正月用の提灯が飾り付けてあったので、この灯りでお犬さま(狼像)を撮影したいと思ったからです。

大晦日の夕方には大風が吹き、提灯の明かりが揺れて、まるでお犬さまが動き出したようでした。

お犬さまに導かれて異界へと一歩踏み込みます。そこは茫漠たる無意識の世界です。

新年を迎え、自分がどういうふうに生きていくのか、未来へのメッセージを探す場所、そこは夢の世界と似ています。 

 

《TOKYO WOLF》

The Ōkami Shinkō, the Wolf Faith in Tokyo.

The wolf faith in Japan has its roots in a reverence for the gods that protected farms.

 

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/01/01

令和二年元旦、旧暦では十二月七日、二十四節気「冬至」、末候「雪下出麦(ゆきわりて むぎ のびる)」

12_20191231111801

 

本日、令和二年元旦ですが、旧暦では師走(十二月)七日で、元旦まであと25日あります。二十四節気は「冬至」、末候「雪下出麦(ゆきわりて むぎ のびる)」です。

NHKでキーンドナルドさんのインタビューが放映されていましたが、そのなかで東日本大震災がきっかけで日本国籍を取得したこと、そして、大震災で「山河」は変わってしまいましたが、「言葉」だけは残るという話がありました。「言葉」は、「物語(小説)」ということでもあるようです。

最近、ますます「物語」の大切さを思います。個人的な「自分なりの物語」と、もっと広い「その土地の物語」とでもいうんでしょうか。

「自分なりの物語」では、過去の物語は「思い出」で、未来の物語は「希望」と言い換えることができるかもしれません。思い出と希望で生きていけるという話は、極限状態に陥った人たちの話にもよく出てきます。

そして「その土地の物語」の場合、もし、物語がなくなってしまったら、その土地は人々の意識から消滅するような気がします。例えば地名などはいい例かもしれません。やたら小ぎれいな地名に変わってしまい、過去と切り離された砂上の楼閣状態です。もちろん、あと200年くらいたてば、また新しい地名の物語は生まれるんでしょうけど。いったん消滅した物語を取りもどすことはおそらくできないでしょう。

 よく引き合いにだすのですが、山形県上山市に「狼石」というものがあります。アダムスキー型の円盤状の巨石なのですが、この石には、狼にまつわる物語が残っています。

岩から150mほど離れたところには巨大な太陽光発電所のパネルが敷き詰められています。これもひとつの物語ですが、俺には、この狼岩がパネルの浸食を押さえているように感じます。

なぜなら、もし、この石の物語が失われてしまったら、これは「狼石」ではなくて、単なる石になります。単なる石であれば、砕いて道路の敷石にでもしてしまえるわけです。石を撤去して、ここにも太陽光発電のパネルを敷くことができます。

でも、現状それはやりづらい。やりづらい理由の一つは、狼(別に狼じゃなくてもいいのですが)にまつわる物語があるということではないかなと思うのです。

 都会の狼像を探して歩いているときも、そのことが気になります。狼信仰という物語があって、この像は残されているんだなと思うこともあるからです。

首が取れたり、胴体が割れたりしても、捨てられるようなことはなく、その土地に置いてあるのを見ると、やっぱり物語を感じるのです。単なる石の塊ではありません。その石像の先に広がる目に見えない世界に想像が及ぶのです。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2019/12/31

【犬狼物語 其の四百二十四】東京都板橋区 徳丸 北野神社の三峯神社

287a1065

287a1068

02_20191230091901

04

02

 

東京都板橋区の徳丸 北野神社を参拝しました。ここを参拝するのは2回目ですが、前回はいつだったか、たしか稲作をテーマにしているころで、2004年に出版した写真集『アジアの棚田 日本の棚田』にもこの神社の写真を掲載しているので、2002年ころではないかと思います。

狼信仰を追って、まさか同じ神社にたどり着くとは、なんだか不思議です。もっとも「稲作」と「狼信仰」にはつながりがあるし、別に不思議ではないわけですが、とにかく、お犬さまに導かれたのは確かなようです。

この境内に三峯神社が祀られています。神職さんの話では、講員は北野神社の氏子さんの何戸かで、ちゃんと三峯講は存在し、毎年ではないようですが三峯神社に登拝しているということです。

新しい白木の5柱が祀られた社の真ん中が、三峯神社でした。

ところで、前回参拝した時は、ここで「田遊び」の写真を撮るためでした。掲載している「田遊び」の写真はそのとき撮影したものです。

「田遊び」は「予祝儀礼」と呼ばれる稲作儀礼のひとつで、日本各地で行われています。旧正月にその年の五穀豊穣と子孫繁栄を祈願し、田の神に奉納する神事芸能で、一年の稲作りの手順を真似してみせることで、田の神が豊作を授けてくれることを願うものです。 

日本各地にあり、他に「御田植」「御田」などとも呼ばれています。その古い形をとどめた儀礼が、東京都に残っているのは意外な感じがしましたが、もともと湿地だった板橋区は、明治維新後に水田が拓かれ「徳丸・赤塚田んぼ」と呼ばれ、近年まで東京のコメ所でした。

昭和40年代に入ると高島平団地が開発され、水田は姿を消してしまいましたが、この「田遊び」だけが残りました。

現在、2月11日の「徳丸北野神社田遊び」と2月13日の「赤塚諏訪神社田遊び」が国の重要無形民俗文化財に指定されています。

徳丸北野神社の田遊びは、拝殿の前に注連縄を張って作られた聖域「もがり」の中で、1年間の農作業のしぐさが面白く演じられます。見ていてもわかりやすく楽しいものです。特に種蒔きのときの「福の種をまーこうよ」という唄が印象的で耳に残ります。

田遊びで使うモチや道具類の一番奥に見えるのは、「よねぼう」と呼ばれる稲を象徴する人形です。

媼面をつけた「安女(やすめ)」と翁面の「太郎次」とが、抱き合って生殖の様子を演技し、五穀豊穣を表現します。稲もこれに感染してたくさんの実を結ぶようにとの願いを込めるわけですね。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧