カテゴリー「東日本大震災の現場」の164件の記事

2017/10/24

「東北お遍路展」開催 2017年10月25日~10月30日

Cilq3bz7n


「東北お遍路展」が開催されます。

一般社団法人東北お遍路プロジェクトは、東北の青森から福島までの東日本大震災の被災地に、63ヵ所の慰霊と鎮魂の巡礼地を設定しています。

今回の展覧会は、先日仙台市において審査された「第2回東北お遍路写真コンテスト」の受賞作品が展示されます。

また、合わせて「第1回東北お遍路俳句コンテスト」の作品も展示されます。

日時: 平成29年10月25日(木) 12:00スタート
     平成29年10月30日(月) 15:00まで
※初日はスタートから17:00まで。最終日は10:00から15:00まで。
  その他の日は、10:00から17:00までの展示となります。

会場: 仙台市地下鉄東西線 国際センター駅 2階多目的スペース(仙台市青葉区青葉山2-1外)
 
 
 
Tohoku_ohenro
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


| | コメント (0)

2017/10/02

国道6号線を南下。北茨木市五浦海岸の「忠犬ジョンの碑」再訪

171002_1(映画『天心』撮影に使われたロケセット)

171002_2

171002_3

171002_4

171002_5

171002_6


相馬市の道の駅を出発し、鹿島区の神社を1社、お参りしてから、南相馬市で国道6号線に出て、ひたすら南下。

雨も降っていましたが、浪江町を過ぎるとしばらくは、左右の道は立入禁止になっているので、上り下りとも、全車が前進するだけです。

たんたんとしたスピードで、車列が乱れずに走り続けるのも、ここならではの光景に違いありません。

北茨木市の五浦海岸の「忠犬ジョンの碑」を訪ねました。数年ぶりです。大雨になったので、駐車場で40分くらい待ちました。

ジョンの碑はそのままありましたが、碑文はカビが生えて、ますます読みづらくなっていました。震災当時は胴体と頭が取れてしまいましたが、今は、修復されています。

ジョンは61年ほど前、誰かに毒を盛られて亡くなった犬です。碑文では「花咲か爺」にも触れていて、犯人に対して、「そのうち、報いがあるぞ!」と警告しているようでもあります。「花咲か爺」では犬を殺した強欲夫婦はいつか罰を受けるという話なのです。

隣にあった古い教会の建物はなくなり、そのかわり、教会の鐘だったのか、新しく吊るされていました。

以前の記事はこちらです。

その後、ひたちなか市の三峯神社や、水戸市の八幡神社を参拝したあと、帰宅しました。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017/10/01

「東北お遍路写真コンテスト 2017年」の審査が行われました

170930_0

170930_1

170930_2

170930_3

170930_4


2017年9月27日、仙台駅から徒歩10分のところにあるSS30ビルの26Fの会議室で、東北お遍路写真コンテストの審査が行われました。写真は、会議室から見えた仙台市内の様子です。

2時間ほどかかって、最優秀賞、優秀賞、佳作、入選、それぞれの写真が決まりました。

審査員は昨年同様、写真家 齋藤康一さん、民俗研究家・東北お遍路創生委員 結城登美雄さん、東北お遍路プロジェクト理事長 新妻香織さん、そして青柳。

公式には、お遍路プロジェクトのHPで発表されますので、しばらくお待ちください。

これは今回の審査をした際の、青柳の印象です。

今年より去年の方が全般的に明るい雰囲気の写真が多かったような気がしました。去年は「復興」「未来」「希望」というキーワードを「忖度」してしまったのか(応募者も審査員も)、祭りとか景観のやたら明るい写真が多くなった感は否めません。過度に「忖度」したかもしれません。

それと比べると、今年はむしろ落ち着いてきた印象です。日常をたんたんと切り取るという意味では、コンテストとして少し成熟したのかもしれないですね。

それと被写体の絞り込みは、意識をもって撮影している応募者が多くなったせいか、写真のレベルも上がったような気がします。これも審査員一同、同じように感じたことでした。

そのことを象徴するような写真が今年の最優秀賞に選ばれました。柏舘健さんの『復興願いて』という作品です。

一見すると、震災直後の写真かなと思われる荒れた土地の風景写真なのですが、実は、これは福島県の浪江町浪江漁港近くで今年2月に撮影されたものです。

6年経っても、こんな状態であることを知って、なんとも言えない気持ちになってしまいますが、衝撃的な写真ともいえます。普通の写真コンテストでは選ばれない写真だったでしょう。

被災地の現実を、ストレートに撮影した作品ですが、写真を撮るということは、現場に自分が実際に行くことだ、ということもあらためて感じさせます。それこそ、巡礼地を自分の足でめぐってもらいたいというお遍路プロジェクトの思いと通じるところがあります。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017/08/21

「東北お遍路ガイドブック」と「東北お遍路巡礼地めぐり」

170821_1(東北お遍路ガイドブック)

170821_2(「東北お遍路」巡礼地めぐり―3・11被災地の今を訪ねる)


『東北お遍路ガイドブック』の紹介です。

ガイドブックは、バインダー式です。巡礼地はこれからも増えて、最終的には100ヵ所ほどになるらしく、新しい巡礼地をそのつど挟み込めるように、バインダー式にしたそうです。

また全体がわかる東北お遍路巡礼地マップと、スタンプ帳付きです。

ひとつひとつの巡礼地のページには、歴史、震災にまつわる物語などももちろん紹介されていますが、そもそも、この巡礼地を作った経緯が、巡礼者・観光客を呼びこんで、復興の助けにしたいという趣旨からスタートしているので、各巡礼地での、「見る」、「遊ぶ」、「食べる」、「泊まる」の周辺情報も充実しています。

「食べる」には、地元の料理や食堂なども、住所付きで紹介されています。巡礼者・観光客には便利なガイドブックになっているのではないでしょうか。


もうひとつは、『「東北お遍路」巡礼地めぐり―3・11被災地の今を訪ねる』という本です。

この本では、1次、2次選定の62ヵ所に「普代水門」を加えた63ヵ所が紹介されています。

写真・文: 金澤 昭雄
イラスト: おのでらえいこ
出版社: 東京法規出版 (2017/8/1)
定価: 900円+税
 
 
なお、東北お遍路写真コンテストの応募はまだ間に合います。締め切りまであと9日。写真、お待ちしています。募集要項はこちらです。

http://tohoku-ohenro.jp/topics/detail---id-14.html

 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017/08/12

作品お待ちしています。「東北お遍路写真コンテスト」の締め切りは8月末

Ohenro_chirashi_omote


「東北お遍路写真コンテスト」の締め切りが迫ってきました。今月末です。

募集条件で、テーマ(被写体)が「東北お遍路にまつわる写真」になっていますが、基本、昨年と同じです。被写体の範囲「東北お遍路」は、それほど厳格なものではなく、被災地に関係するところであれば大丈夫です。大きさや応募票の貼り付けなども同じです。

お盆なので、東北に帰省する人も多いのではないでしょうか。お盆で里帰りして、親戚が集まった様子など、写真を撮って応募してみてください。そういう何気ない、あなたしか撮れない作品をお待ちしています。

東北お遍路の公式HPはこちらです。チラシ裏側の応募票をプリントする場合は、こちらからお願いします。

http://tohoku-ohenro.jp/media/files/_u/topic/file1/2dzac1bm6r.pdf
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017/05/23

「東北お遍路写真コンテスト」 募集のお知らせ 締め切り2017年8月31日

Ohenro_chirashi_omote

Ohenro_chirashi_ura


2017年の「東北お遍路写真コンテスト」の募集チラシです。

締め切りは、2017年8月31日です。募集条件で昨年と大きく違うのは、テーマ(被写体)が「東北お遍路にまつわる写真」になったことです。裏面の「東北お遍路巡礼地一覧」を参考にしてください。それ以外、大きさや応募票の貼り付けなど、基本は同じです。

それでは、作品お待ちしています。

東北お遍路の公式HPはこちらです。巡礼地を確認できます。またチラシ裏側の応募票をプリントする場合は、こちらからお願いします。

http://tohoku-ohenro.jp/media/files/_u/topic/file1/2dzac1bm6r.pdf

ちなみに、2016年のコンテスト結果は、こちらに掲載しています。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2017/03/11

東日本大震災から6年の「3.11」

140310


もう震災から6年です。長いようでもあり、短いようでもあります。

まだ避難生活を強いられている人もいるし、避難先では、福島から来たということでイジメを受けている子供たちもいます。子どもがそうやってイジメているということは、そのままその子の親ががそう思っているということなんでしょう。

「福島産」の食材には抵抗がある人たち。これも難しい問題です。たとえば、福島産のコメは2012年から、全量全袋検査しているので、他の産地のコメよりも安全かもしれないのに、安心ではない、という心理。

科学ではなく、気持ちの問題なので、当人がそう思わない限り、どうしようもないし。「福島産を食べるべきだ」と強制するわけにもいかないし。現場からの距離と、関心は反比例するのは、何も原発の問題だけじゃないですが。

時間が解決するんでしょうか。でもつくづく、原発事故は、不可逆性を思い知らされます。いったん事故が起こったら、もう元には戻らない。被災者の怒りをどこへ持っていけばいいのか。この物理的、心理的被害をどうしてくれるんでしょうか。

ところで、去年は「東北お遍路写真コンテスト」と、その受賞作品を展示する「東北お遍路写真展」開催を手伝いました。

今年は写真コンテストの応募写真を、「被災4県の写真」から「東北お遍路の写真」に変更する(絞る)予定で、じゃっかん募集要項が変わってくると思います。

東北被災地に対する関心をなんとか繋ぎとめようという策でもありますが。

募集が始まったら、去年同様、当ブログでもお知らせします。去年よりも早いタイミングで募集を始める予定です。

また、毎年恒例の「東北の咲う桜 【岩手・宮城・福島】 被災地の桜を見に行って、東北を応援します」のページを再開します。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2016/12/19

「東北お遍路写真展」のご案内 ----- 2017年1月6日から、埼玉県さいたま市「楽風(らふ)」で

Ohenro_photoexhibition_flyer_v2


このたびは釜石市、仙台市、野田村に続く東北お遍路写真展のご案内です。

いずれの写真展も好評を得ましたが、東北だけではなく、広く関東地方の方々にも東北お遍路プロジェクトについて知っていただきたいと思い、平成29年1月に、埼玉県での写真展を開催することとなりました。

お近くにお越しの際は是非お立ち寄りくださいますようお願い申し上げます。

主催: 一般社団法人 東北お遍路プロジェクト

会期: 平成29年1月6日(金)~1月9日(月・ 祝)
    10:00~19:00(最終日は17:00まで)
会場: 日本茶喫茶・ギャラリー 楽風(らふ)
    埼玉県さいたま市浦和区岸町4-25-12 (青山茶舗敷地内)
    電話 048-825-3910
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2016/10/17

2016年秋の撮影旅(28) 野田村のイベント 東北お遍路巡礼地標柱除幕式

161016_0

161016_1

161016_2

161016_3

161016_4

161016_5

昨日は、野田村で東北お遍路巡礼地標柱除幕式にともないイベントが行われました。

大鳥居の近くに大きな楓の木がありますが、津波の時、この木につかまって助かった人がいるそうです。(最近は蜜を求めてクマがきたそうですが)

野田村はそんな物語がある巡礼地のひとつ。ここに標柱が建ちました。

イベントでは、「なもみ太鼓」の演奏、紙芝居、トン汁がふるまわれ、餅まきも行われました。

昨日は恒例の16日に市が立つ日でもあって、八戸や地元の人たちの店が出ました。中には、豆腐の味噌田楽やクルミ味噌をつけたモチ、なんと230円という安さの「マツタケおこわ」。それらを買って昼食にしました。

マツタケが数切れ入っていましたが、ちゃんとマツタケの香りもして、お遍路のスタッフたちも全員が買いました。

午後には、俺が講師を務めた写真セミナーも開催。映写したファイルは、昨日撮影した写真もあります。久慈港の(ほぼ)満月の写真も、時間の経過でどんなふうに変わっていくのかという作例で使いました。

セミナー後は、外に出て、楓の木と鳥居を入れて作品作り。いい写真は、お遍路のガイドブックとして使われるそうです。俺も匿名で応募しようかな。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2016/07/20

「東北お遍路写真コンテスト」 仙台で応募作品の審査会

160720_0

160720_1

160720_2

160720_3


昨日は仙台で「東北お遍路写真コンテスト」の審査会がありました。

審査会場は市街地を一望に見渡せる、仙台駅から徒歩10分くらいにあるSS30ビルの26Fの会議室で行われました。

審査委員は、募集要項でもお知らせしていた通り、東北お遍路プロジェクト理事長の新妻香織さん、東北お遍路創生委員の結城登美雄さん、写真家の齋藤康一さん、そして俺の4人と、プロジェクトのスタッフもオブザーバーとして参加していただきました。

●最優秀賞1点 ●優秀賞3点 ●佳作10点 ●入選36点

を選びましたが、近日中に受賞された皆さんには結果をお知らせし、お遍路プロジェクトのHPや、当ブログでも発表します。しばらくお待ちください。

応募いただいた方々にはお礼申し上げます。

正式な発表では、審査員の講評も掲載しますが、とりあえず今回の応募作品全体を見ての感想です。

風景写真は少なく、人間が入った写真、特にお祭りの写真が多かったのですが、復興というものを考えた場合、コミュニティの大切さがもっともよく現れる祭りというイベントが多くなるのも当然ではないか。審査委員の間でそういう話にもなりました。

そうかもしれないですね。まぁ被写体のバランスはいいと思います。

趣旨から外れた場合は、上手な写真であっても選ばれませんでした。それとなるべく被写体がかぶらないようにして選びました。

受賞作品を展示する写真展は、1カ所は岩手県野田村が決まっています。他は検討中です。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧