カテゴリー「旧暦(太陰太陽暦)と宇宙」の367件の記事

2021/09/23

今日から二十四節気「秋分(しゅうぶん)」、七十二候「雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)」

09_

 

今日から二十四節気「秋分」、初候「雷乃収声」です。

秋分の日は、昼夜の長さが同じです。個人的には「意識(昼)と無意識(夜)が均衡する日」(?)です。

ただし、厳密には地球の空気の屈折のせいで、平均14分くらい長いそうです。

七十二侯の「雷乃収声」は雷が鳴り響かなくなる(遠雷の)季節です。

雷に関しては、今年のシーズンは終わったということなのでしょうか。

ところで「稲妻」ということば、雷が落ちた田んぼの稲はよく育つところから生まれたそうです。写真は、奈良県明日香村の稲渕棚田。

 

 

| | コメント (0)

2021/09/20

中秋の名月を杯に映す

287a9953

明日は中秋の名月。写真は今夜の月をチベット茶用の杯の水に映したものです。(明日夜の天気は怪しいので今夜撮影)

『竹取物語』には、月を眺めるかぐや姫が、月を見るのはよくないですよとたしなめられる場面があります。

月見の慣習が中国からはいってきて、月見を楽しむと同時に、月を見てはいけないという禁忌もあったらしいのです。

平安貴族は月を直接見ることをせず、杯や池に映して楽しんでいました。「満月が終わりの象徴」という説もありますが、なぜ直接見るといけないのか、はっきりわかりません。

とにかく、月を見る(とくに女性が)ことに関しては、世界中に禁忌があります。

西洋でも月が人間を狂気に引き込むと考えられていたようです。「狂気」のことを英語では「lunatic ルナティック」。語源は後期ラテン語「lunatics」=「月に影響された」。「lunacy 」 =「精神異常。狂気」、「moonstruck」=「心が乱れた。狂気」 という言葉もあります。

そういえば、月は「映す天体」です。自分からは光りません。明るいのは太陽の光が反射しているからです。

だから水に映すのは、2重に映していることになります。まるで「合わせ鏡」のようです。

どうも世界中の言い伝えには、月は「狂気」と結びついているものがありますが、きっと月は見る人の心も映すからです。自分の深層心理を直視するのが怖いのかもしれません。

永遠と続きそうな「合わせ鏡」はそれだけでも十分に怖いですが。とくに合わせ鏡の間に立った自分の姿だけひとつしか映っていないときなんかは…

 

287a9957_1

| | コメント (0)

2021/09/19

令和4年(2022年)版「旧暦棚田ごよみ」

_mg_0584r

 令和4年(2022年)版「旧暦棚田ごよみ」、校了しました。

表紙は、「10周年にはこれを」と強く思ってきた写真を使うことになりました。自分では一番好きな写真かもしれません。

発行は11月になります。しばらくお待ちください。 

令和4年(2022年)版は、区切りの年、10周年を迎えます。こうして10年続けてこられたのは、それなりに皆さんの支持が得られたものだと自負しています。

写真は、長野県飯田市・よこね田んぼの水に映った月です。

 

 

| | コメント (0)

2021/09/18

今日から二十四節気「白露(はくろ)」、オリジナル七十二侯「曼珠沙華咲(まんじゅしゃげさく)」

287a0925(山梨県上野原市 明神社)

Img_5883(大分県豊後高田市 田染荘)

_87a3073_20210918070201(福岡県八女市 鹿里の棚田)

_87a2185(愛媛県西予市)

_87a2243(愛媛県西予市)

Img_5754(愛媛県西予市)

Img_5758(愛媛県西予市)

 

「曼珠沙華咲(まんじゅしゃげさく)」などという七十二候はありません。オリジナル(というか、勝手な)七十二候です。略本暦では、七十二候「玄鳥去(つばめさる) 燕たちが暖かさを求めて南に渡りはじめるころ」になっています。

でも、田園風景の写真を撮っている俺からすると曼珠沙華(彼岸花)が目立つので、このオリジナル七十二候の方が季節を感じるからです。

二十四節気は観念的な言葉ですが、七十二候の方はより具象的事物の表現で、言ってみれば「季節あるある」なのです。だから遊んでみてもいいのではないでしょうか。俺の場合は、「曼珠沙華咲」がぴったりくるかなぁと。

ところで、埼玉県日高市の巾着田は曼珠沙華で有名な場所ですが、このパンプレットには英語名が「Red Spider Lily」となっていました。これをそのまま和訳すると「紅蜘蛛百合」。たしかにそんな名前もぴったりします。

同じものなのに、名前の付け方でより妖しさが増します。危険な香りが漂ってきます。

 

 

| | コメント (0)

2021/08/23

今日からは、二十四節気「処暑(しょしょ)」、七十二侯「綿柎開(わたのはなしべひらく)」

Ja0102

今日からは、二十四節気「処暑」の初候「綿柎開」です。

「処暑」は、暑さが峠を越えて後退し始めるころ、「綿柎開」は綿を包む萼(がく)が開くといった意味です。

写真は、旧暦棚田ごよみで使っている大分県豊後大野市の軸丸北の棚田です。

「猛暑」の峠は越えたようですが、まだまだ暑さは続きます。

コロナといい、温暖化といい、人間の試練は続きます。

 

 

| | コメント (0)

2021/08/07

今日からは、二十四節気「立秋(りっしゅう)」、七十二候「涼風至(すずかぜいたる)」

160807

 

連日の猛暑、どこが立秋だ、涼風至だ!?と文句を言いたくなるほどですが、今日は雲もあるので、ピークはしのいだと思いたい。

さすがに動物は感覚が鋭いなぁと思えるのは、ヴィーノは、いつも体を横たえる好み場所があるのですが、そこがエアコンの涼しい風がたまるポイントだとわかっているらしい。

魚も水温がわずかに1度違うと、それが不漁につながり、価格高騰につながるなど、やっぱり動物、いや植物もですが、わずかな温度を感知するその敏感さには感心します。

そうやって生き延びてきたんでしょうね。俺もその感覚を掴みたいと思いますが、思考がじゃまをして、1度の差を感じるのは難しい。結局、計器(温度計など)に頼るしかないという現状です。これは「進化」と言えるんでしょうか。

 

 

 

| | コメント (0)

2021/07/28

今日から、二十四節気「大暑(たいしょ)」、七十二候「土潤溽暑 (つちうるおうてむしあつし)」

_mg_2530

_mg_2557

 

今日から、二十四節気「大暑」で、次候「土潤溽暑」です。

見るからに暑い時期。今日はとくに朝から蒸し暑く感じます。台風のせいでしょうか。

オリンピックも熱いシーンがたくさん。こちらの「熱さ」は大歓迎。

オリンピック反対など、いろんな意見はありますが、とにかくいっしょうけんめいやっている姿は美しく、感動を与えてもらっています。宿敵、中国を破っての初金メダルとなった卓球など。

そして、スケートボードやサーフィンなど、日ごろは見ることのないスポーツも、知ると面白くなってきます。「やべ~」は、良いのか悪いのかさえ分からない初心者ですが。

昨日銀メダルを獲得したサーフィンの五十嵐カノア選手が、渚に跪き、海の神様に感謝している姿は、何か神事を見ているような厳粛さを感じました。

ちなみに写真はオリンピック・サーフィン会場、釣ヶ崎海岸の北側、九十九里浜です。 

 

 

 

| | コメント (0)

2021/07/22

今日から、二十四節気「大暑(たいしょ)」、七十二候「桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)」

150722_2

 

160722

 

今日から、二十四節気「大暑」、初候「桐始結花」です。

「大暑」って、見るからに暑そうな字面です。実際暑いです。これがまだしばらく続くのかと思うとうんざりします。

また「桐始結花」は、「桐の実が生り始める」などといった意味です。

ところで、桐と聞くと、桐箪笥など高級家具をすぐ想像してしまいますが、実際桐は湿気を通さない、割れや狂いも少ないなど、優れた性質を持つ高級材だそうです。

日本では、箪笥、箏、神楽面、下駄の材料にになっています。

他に、500円硬貨の裏や、パスポートにも桐のデザインが使われています。

 

 

| | コメント (0)

2021/07/07

今日から、二十四節気「小暑(しょうしょ)」、七十二候「温風至(あつかぜいたる)」です

06_mg_0365

 

今日からは二十四節気「小暑」、初候「温風至」です。

「暖い風が吹いて来る」などといった意味です。関東地方は曇りか雨でも気温は高めなので、熱中症には気をつけなければならない蒸し暑い天気になりそうです。

写真は京都府・上世屋の棚田です。

そして今日は七夕ですが、これは新暦での話。

旧暦の七夕(七月七日)は、今年は8月14日、まだ1か月先です。

 

 

| | コメント (0)

2021/07/02

今日からは、二十四節気「夏至」、七十二候「半夏生(はんげしょうず)」

_mg_0853

150702

 

今日7月2日から、二十四節気「夏至」の末候「半夏生(はんげしょうず)」です。

棚田の写真は、岐阜県恵那市の坂折の棚田です。緑がみずみずしい季節です。

ところで、略本暦(日本)での意味は、「サトイモ科である半夏(烏柄杓)という薬草が生える頃」だそうです。ということは、このドクダミ科である「半夏生(カタシログサ)」のことではないのでしょうか?

むしろ「半夏生(カタシログサ)」は、半夏生のころに咲くから「半夏生」と呼ばれるようになったというふうに解釈できそうですが、この解釈でいいのでしょうか。もし知っている方がいたら教えてください。

葉の裏側は緑色していて、白いのは上だけ。だから「半化粧」と呼ばれるという説もあります。

白く変色するのは虫をおびき寄せるためのもの。たいていの植物は、もちろん人間に癒しを与えたり生活に潤いを与えるためではなく、虫を呼び寄せるために様々な色を使った生き残り作戦ですが、その中には、人間には見えない紫外線もあります。

 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧