カテゴリー「旅(日本)」の509件の記事

2018/10/04

富田林逃走 「ただ今、自転車で日本一周中」のニュース

Mg_2659


「富田林逃走 「ただ今、自転車で日本一周中」素顔で写真」(毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20181001/k00/00e/040/225000c

大阪府富田林署から逃走していた樋田淳也容疑者が、約50日ぶりで山口県周南市の道の駅で捕まりました。

大阪府内に潜伏しているはずだの、もう死亡してるのでは?だのと言われていたのに、なんと容疑者は、日本一周の旅をしていたというのは、驚きです。

俺も「日本一周」界隈でうろうろしている人間なので、このニュースにはどうしても一言言いたくなってしまいます。

犯罪者は現代社会常識の盲点をつく、ということですね。誰がこの犯罪者が、堂々と素顔をさらし、記念写真に収まり、日本一周の旅人を装うと想像した人間がいたでしょうか。

それと、容疑者は、途中で同行者を見つけるのですが、おそらく相手を観察し、あまりスマホなど見ない、情報に疎そうな人物を選んだのではないでしょうか。そのあたりも抜け目がない。二人ならなおいっそう「日本一周の旅人」らしく、隠れ蓑としては理想的です。

今までも、道の駅で車中泊していると、職質を受けることが何度かありました。これからはもっと増えるかもしれません。

ところで、犬連れだと、不審者として疑われにくいということがあるようです。職質を受けた時も、犬連れのときは、どうも質問が甘くなっているのではと感じる時があります。(と言って、俺ば別に逃亡者ではありませんが)

たとえば、こういう犯罪者がそのうち出てくるのではないかと思っています。

犬連れの泥棒・空き巣です。まさか?と誰もが思うでしょう。でも、犯罪は常識の盲点を突くのです。(もういるそうです。犬散歩を装った空き巣が)

住宅街を歩いているとき、人の家の前で立ち止まっていたら不審者ですよね? すぐ通報されてしまうかもしれません。

でも、犬連れなら、その不自然さがなくなります。犬を散歩させたことがある人ならわかりますが、そう簡単に歩いてくれない犬もいて、あっちをうろうろ、こっちをうろうろ、オシッコしたり、うんちしたりして、住宅街をゆっくり歩くのもありえるのです。

犬の散歩を装って、入る家を物色し、犬を電柱かどこかにちょっと繋いで(繋ぐ場所が問題ですが)、空き巣に入るという犯罪者です。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018/09/17

Manabi JAPAN「棚田を歩く」 蕨野の棚田

Img_0188

Mg_4497

Img_0117


Manabi JAPAN「棚田を歩く」

第6回は、蕨野(わらびの)の棚田(佐賀県唐津市)です。

まるでロッククライミングのような棚田の石垣での草取り作業の写真や、浮立(ふりゅう)という祭りの写真などを掲載しています。

記事は、Manabi JAPNAでお読みください。

https://manabi-japan.jp/food/20180910_4653/
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018/09/10

別冊太陽『日本の古道を歩く』(平凡社)が刊行されました

287a4775(別冊太陽『日本の古道を歩く』の「秩父巡礼古道」)

87a2678(音楽寺観音堂)

Mg_0226(十三地蔵)

Mg_5472(岩之上堂)


別冊太陽『日本の古道を歩く』が刊行されました。

平凡社HP

熊野古道、高野山町石道、山の辺の道、竹内街道、伊勢本街道、秩父巡礼古道、箱根旧街道・湯坂路、日光杉並木街道などが収録されていますが、青柳が担当したのは、秩父巡礼古道の12ページの写真と扉の写真ですが、扉は札所三十一番観音院の磨崖仏の写真です。

今年の春に、追加取材・撮影したところも載っています。音楽寺観音堂の聖観音菩薩、九昌寺観音堂の本尊などの仏像、岩之上堂などです。暗い堂内に安置されていたので、ライトを持ち込みましたが、結果的に自然光を使って撮影した写真の方が良かったようです。

ところで、秩父の古道としては、掲載された「巡礼古道」と、これとじゃっかん重なる部分もありますが、「秩父往還」があります。秩父から山梨に抜ける街道です。途中、手掘りの隧道なども残っています。

時間があれば今も訪ねていますが、今は、この街道だけではなく「狼信仰」の神社などにも行くようになっているので、ますます秩父にのめりこんでいるように思います。

それだけ魅力的な地域です。20代ころよく行っていた雲南省を彷彿とさせます。小宇宙とも言える盆地の人々の独特の暮らしや文化にひかれます。そこが少数民族の暮らしている雲南省と似ているところです。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018/08/31

青弓社HPに掲載された「棚田にも犬像にもその土地と切り離せない物語がある」

Dl07g26v4aunzke


青弓社HP「WEB青い弓」に掲載されました。

これは「あとがきのあとがき」とでもいう位置づけのエッセーです。ぜひごらんください。

------------------------------------------------

棚田にも犬像にもその土地と切り離せない物語がある――『犬像をたずね歩く――あんな犬、こんな犬32話』を出版して


 「青柳さんには、棚田の写真も犬像の写真も同じようなものなんですかねぇ?」

ある新聞社から犬像の取材をうけたとき、記者からそう聞かれて、私はハッとしました。

実は数年前、犬像の写真を撮るようになった時、今まで私の写真を見てくれていた人からは「犬像?」と怪訝な顔をされたのです。それまで撮っていた棚田の風景写真と犬像の写真では、被写体として大きく違っていたからでした。

ある雑誌に企画を持って行こうとした時、担当者は、「犬像」の意味がわからないようだったので、「渋谷駅前にありますよね。忠犬ハチ公の像が。あんな感じの犬の像なんですが、全国にたくさんあるんです」と説明してようやくわかってもらえたようでしたが、今度は、あからさまに、犬の像なんか写真に撮る価値があるのか? それのどこがおもしろいんだ?というふうに感じているようでした。なので、企画は当然ながら没でした。

今まで普通にあったものの中に新しい価値を見出すのが写真家の仕事だと思っていますが、その端くれでもある私は、他人にその新しい価値を知ってもらうのは難しいこともわかっています。

実際、棚田を撮り始めた時も同じだったのです。今でこそ、棚田という言葉も市民権を得て、すぐわかってもらえますが、1995年ころは、棚田なんて10年もすれば全部なくなってしまう過去の遺物くらいに思われていたし「棚田って何ですか?」と、同じように聞き返されていた時代もあったのです。

でも私の中では、棚田にも犬像にも、何か共通するものにうすうす気が付いてはいました。それが言葉にならなかったのですが、他人に指摘されて、その思いは確信に変わりました。

棚田にも犬像にもその土地と切り離せない物語がある、ということなのです。棚田の場合、その土地の歴史や地形が、雲形定規のような棚田の形を決めているといってもいいでしょう。犬像も、その土地と切り離せない物語を持っています。犬像が「そこ」にある意味が私には大切なのです。

私は、その土地が持つ物語を探して歩くのが好きなようです。全国各地に点在する物語を探して、それをまとめるという作業は、棚田も犬像も同じかなと。

ある犬像は、街のキャラクターになったところもあります。たとえば、静岡県磐田市のしっぺい太郎の物語から、ゆるきゃら「しっぺい」が、奈良県王寺町の聖徳太子の愛犬・雪丸の物語からは、ゆるきゃら「雪丸」が誕生しています。その土地独特の犬たちが、現代に「ゆるきゃら」としてよみがえっているのです。何もないところから作り出されたフィクションの犬ではありません。もちろん誕生当時はフィクションの犬もあったかもしれませんが、それが何百年もの歳月をかけて、その土地の歴史に組み込まれています。

だからどこにあってもいい犬像(土地との繋がりがない犬像)には、あまり興味がわきません。今回の書籍での私なりの「犬像」の定義からは外れるからです。たとえば、某携帯電話会社の白い「お父さん犬」の像ですね。その土地に根差した物語がないからです。(それ以上に、これはコマーシャルなのですが。もちろん、「お父さん犬」も何百年か経てば歴史になるかもしれません)

だから犬像は棚田と同じように、町おこしに結びつきます。土地独特の魅力を、棚田や犬像が代表していると言ってもいいかもしれません。実際、「しっぺい」も「雪丸」も、町おこしに一役買っています。

ところで、人の顔の判別には「平均顔」説というのがあります。たとえば日本人なら日本人の顔の平均を知っているので、そこからどれだけ外れているかの「差」で判別しているという。外国人が日本人の顔がみな同じに見えるというのは、日本人の「平均顔」を知らないからで、反対に、日本人は外国人の「平均顔」を知らないので、みな同じに見えます。

外国旅行すると、その国の滞在が長くなるにしたがって、その国の人の顔の区別がつきやすくなるという体験は私にもあるので、この説は説得力があります。

多くの犬像を見て周ることで、その犬像の「平均顔」がわかってきます。そのとき、個々の犬像の全体における位置というのが客観的に見えてきます。今回の著書で、13章のカテゴリーに分けたのも、それが理由です。平均値が分かれば、個々の犬像の意味というか、性格もわかるということなのです。

読者のみなさんには、この本を持って、犬(忠犬・名犬)にゆかりのある場所をめぐる「聖地巡礼」をしてみては、と提案したいと思います。

多くを周ることで、先に言ったように、犬像の平均値が分かり、個々の犬像についてもより客観視ができるようになるだろうし、こんなにもいろんな意味を持っている犬像があるのか、こんなにもバリエーション豊かな犬像の物語があるのかと、驚くことがたくさんあると思います。そこから、犬と人間の関係、もっと言えば、動物や自然との関係なども見えてくるのではないでしょうか。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018/08/29

写真展『犬像をたずね歩く』 搬入・飾り付け終わりました

Exdm_01_rafu2018

Dlwuh15vsaer8rq

Dlwulubvsaa6xhy


今日、ギャラリー楽風に写真を搬入し、飾り付けをしました。写真展は明日(8月30日)からです。

1か月ありますので、お時間があるとき、浦和に来たとき、ぜひギャラリー楽風にお立ちよりください。
 
 
タイトル: 青柳健二写真展 犬像をたずね歩く

会期: 2018年8月30日(木)~9月30日(日) (毎週水曜日定休)

時間: 午前10時~午後7時 (最終日は午後5時まで)

会場: 楽風 2Fギャラリー ※ 入場無料

企画: 楽風
     〒330-0064 さいたま市浦和区岸町4-25-12  048-825-3910

※ 青柳は、8月30日(木)、31日(金)、9月1日(土)、2日(日)には会場におりますので、お気軽にお声をかけてください。時間は、毎日12:00~17:00ころまでです。
 
Photo
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


| | コメント (0)

2018/08/24

来年も雑誌comcomで「旅するヴィーノ」の連載続く

2c8e9f68


来年も「旅するヴィーノ」の連載が続くことに決まったそうです。編集者から連絡がありました。日本二周犬、ヴィーノ良かったね。

編集者からは反応がいいと聞いていて、実際読者アンケートなども誌面に掲載されているのを読んで、うれしいことはうれしいのですが、「賢いヴィーノ」という表現に一抹の不安を感じもします。誤解されてはいないだろうか?と。

いや、「旅犬」としてはいい犬であることは間違いありません。ただ、俺たち夫婦の中では「旅犬」と「賢い犬」というのが結びつかないのです。

けっこうやんちゃな犬と感じているので、写真から受ける印象とはじゃっかん違うのではないかなと。

まぁ、そこは人間のアイドルと同じで、ウンチもすれば、わがままも言うし、喧嘩もするということで、許してもらいましょう。

今年も九州や北海道にもヴィーノを連れていっしょに旅をして、写真も撮っているので、それもいずれは使えればいいかなと思います。

日本一周どころか、もう2.5周くらいしている旅犬です。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018/08/21

『犬像をたずね歩く あんな犬、こんな犬32話』書店で発売開始

Cover
 
 
『犬像をたずね歩く あんな犬、こんな犬32話』
青柳 健二(著)
出版社: 青弓社 (2018/8/20)
A5判 180ページ 並製
定価: 1800円+税
ISBN: 978-4-7872-2077-6 C0026
奥付の初版発行年月: 2018年08月20日
書店発売予定日: 2018年08月20日
 
 
書籍カバーの写真は、和歌山県有田川町の明恵上人の愛犬像です。オリジナルは、京都高山寺にある木彫りの子犬像です。
 
詳細は、こちらのページでどうぞ。

http://asiaphotonet.cocolog-nifty.com/blog/zoku_inuzou.html
 
 
なお、8月30日から埼玉県さいたま市浦和区のギャラリー楽風で写真展『犬像をたずね歩く』を開きます。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018/07/01

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に登録

_87a3651(大浦天主堂)

Img_6064(大浦天主堂)

_87a3822(出津教会堂)

140926_1(崎津協会)

_87a4012(春日集落と棚田)

_87a4092(安満岳北麓の山野教会)

_mg_7330(原城跡)


先月、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が、国際記念物遺跡会議(イコモス)によって「登録が適当」とユネスコに勧告されたニュースはすでに書きましたが、6月30日、中東バーレーンで開催のユネスコ第42回世界遺産委員会でで正式に世界文化遺産に登録されました。

これで、日本国内の世界遺産は、昨年登録された「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」に続き22件目になります。

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成要素は12カ所ありますが、その中で次の5カ所を訪ねています。

大浦天主堂: ゴシック調の国内現存最古の教会堂

外海の出津集落: ド・ロ神父が私財を投じて建てた出津教会堂

天草の﨑津集落: 潜伏キリシタンがカトリックに復活した地、畳敷きの崎津教会

平戸島の聖地と集落(春日集落と安満岳): 潜伏キリシタンの様相をとどめる集落

原城跡: 島原・天草一揆の舞台
 
 
そしてたまたま偶然なのですが、今年連載中の「旅するヴィーノ」7月号は、この崎津教会でした。ヴィーノは、やっぱり、もってるなぁ。

3b510eaa
 
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018/06/06

「狼信仰—自然への崇拝と畏怖」の連載 第1回・オイヌゲエ祭

Shidax


SHIDAXのManabi JAPAN で、「狼信仰—自然への崇拝と畏怖」の連載が始まりました。

第1回は「オイヌゲエ祭」です。

https://manabi-japan.jp/life-event/20180531_3046/

この連載は、約1か月に1回更新、全部で8回くらいの予定です。もしかしたら、連載回数は増えていくかもしれませんが。

今回の北海道撮影旅行の帰り、東北の狼信仰ゆかりの場所を訪ねたことは、すでにブログで書いた通りです。

なかなかおもしろかったので、この部分も1回分として増えそうです。

他、棚田の連載も継続中ですので、そちらも見てみてください。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018/05/28

宮城県村田町の伝統的建造物群保存地区と白鳥神社

_87a3702

_87a3698

_87a3667

_87a3670

_87a3678


村田町の蔵の町並みが、重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

仙台と山形を結ぶ街道の要衝の街であった村田は、江戸時代、紅花の集散地として栄えました。当時の栄華を伝える立派な店蔵が残っています。

その北には白鳥神社があります。境内には「奥州の蛇藤」の木や、樹齢3000年ともいわれる大けやきの木がそびえています。

傍にはたくさんの古碑が並んでいて、おやっ?と思ったのは、動物の背に乗った人の姿の石碑です。最初、その動物は犬や狼かなと思いましたが、違っていて、これは狐でした。秋葉山の山岳信仰で、白狐に乗った三尺坊(烏天狗)の姿だそうです。

去年「藤祭り」の時にここを参拝していますが、今回も丸い顔の狛犬の写真を撮りました。
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧