カテゴリー「旅(日本)」の586件の記事

2020/12/18

藤川馬頭観音の牛のお札

161111_15_2

161111_12_2

161111_13_2

 

来年の牛・丑年にちなんで、牛の話題を続けようと思います。

西郷隆盛の愛犬「ツンの像」を探しに鹿児島県薩摩川内市の藤川天神を参拝した時です。牛の姿が入った馬頭観音のお札をいただきました。

駐車場から境内に入る参道脇にツンの像はありました。上野の西郷さんの像からの思い込みで、てっきりここも西郷さんといっしょのツンを想像していたのですが、像はツン単独の像です。

どうしてここにツンの像が建てられたのかというと、ツンの元々の飼い主だった前田善兵衛の家が、ここから4kmほどのところにあるからです。いわば、ツンの生まれ故郷に、錦を飾ったというかっこうでしょうか。

平成2年(1980年)のNHK大河ドラマ『翔ぶが如く』の放映を機に、制作を彫刻家・中村晋也氏に依頼し、ツンの像が建立されたとのことです。

宮司さんは、

「上野のときには、ツンは死んでいて、雄犬をモデルにしたのですが、ここのツンの像はちゃんと薩摩犬の雌犬をモデルにしています」

といいました。上野の銅像を造ることになったときには、ツンは既に死んでいたので、別の薩摩犬の雄犬をモデルにして造られたという話は聞いていました。

こっちの方が実物に似ているということになるのでしょう。地元ではちょっとした自慢なのかもしれません。

社務所には御札やお守りがあって、中に動物が2頭刷ってあるお札があって、小さいほうがチベット犬の子犬の姿にも似ていました。

確認のために「これは犬ですか?」と聞いたら、馬頭観音の御札で、これは子牛の像なのだという。残念ながらやはり犬の姿ではありませんでした。

牛のお札をいただいたのは、ここが最初で最後です。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/12/12

埼玉県さいたま市浦和 青山茶舗は仮店舗営業中

4

2_20201212075901

1_20201212075901

Img_2473x

今年の夏から始まった青山茶舗の改修工事は、年末に終わる予定でしたが、年明けにずれこむらしい。新しい店舗で営業再開するのは立春(2月上旬)ころかもしれません。ずっとスチールとムービーで記録を撮っています。

今は、茶屋は、仮店舗で営業中です。旧中山道に面した店舗は養生シートに覆われていますが、正面右側のTimesの駐車場を通って裏に周ると、和風喫茶・ギャラリー楽風(こちらは通常営業)の庭で、手前に、仮店舗の入り口があります。そこを入ると、和室を利用した仮店舗です。一番下の写真がそうです。

これがなかなか趣があっていいのですが、仮店舗なので、見られるのは今だけです。ちゃんとお茶は販売していますので、ぜひ行ってみてください。今日あたり、足場が解体されるようだし、この前外壁塗装が終わったので、近々養生シートも外され、新店舗の外観だけは見られるようになるのではないかと思います。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/12/11

東京都豊島区 池袋氷川神社の池袋富士塚

287a8167

287a8156

287a8162

287a8164

287a8166

287a8171

 

 

東京都豊島区の池袋氷川神社で七五三の撮影がありました。この神社境内には、池袋富士塚があります。

解説看板によると、

「 高さ約五メートル、東西幅約十三メートル、南北幅約十八メートルを測り、全山がボク石で覆われている。

池袋富士塚は、明治四五年(一九一二)六月に池袋月三十七夜元講によって築かれたものである。 

 平十年(一九九八)六月に東京都豊島区指定史跡となり、保存がはかられている。」

なお、登拝が許されているのは7月1日だけのようで、通常は上ることはできません。

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/11/17

埼玉県川口市 川口神社の富士塚

287a4248

287a4252

287a4258

287a4256

287a4242

 

埼玉県川口市の川口神社を参拝しました。境内には浅間神社(富士塚)があります。

石碑には「富士」「登山」「参拝」と刻まれています。

意外と新しい富士塚で、昭和天皇即位を記念して 1929 年(昭和4年)に設置奉納されたそうです。

さらに2008年に撮られた写真を見ると、この碑だけの小さい塚でした。2014年(平成26年)に移築されて今の大きさになったようです。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/11/06

群馬県太田市 冠稲荷神社

Img_4034

Img_4040

Img_4038

Img_4044

Img_4042

287a1790

群馬県太田市の冠稲荷神社を参拝しました。

日本七社(日本七稲荷)のひとつだそうです。この前は、日本三大稲荷(あるいは日本五大稲荷)のひとつ、東松山市の箭弓稲荷神社を参拝したばかりです。

どうも最近、お稲荷さんに呼ばれているようです。

境内にはたくさんの狐像。いろんな像が点在していて見飽きないですね。

ところで、境内には日本一の大きさといわれる県指定天然記念物の樹齢400年、縁結びの木瓜(ボケ)があります。開花の時期は3月中旬~4月初旬頃なので、残念ながら今は地味な存在です。

「木瓜」と見ると、中国語の「ムーグワ(木瓜)」を連想してしまいます。南国シーサンパンナにはムーグワがたくさんありました。ムーグワとは、パパイヤのことです。日本語と中国語で意味が違います。どうして?

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/11/05

埼玉県久喜市 菖蒲町下栢間の富士塚古墳

287a7547

287a7540

287a7543_20201103083301

 

埼玉県久喜市の富士塚古墳に寄ってみました。

これは「栢間七塚」と呼ばれる栢間古墳群を構成する一基だそうです。 

一辺10mの方墳で、階段が付いています。

古墳頂上に立つ石碑の表には蚕影大神、木花佐久夜姫、豊受姫神、裏には、明治二十■■■と刻まれています。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/11/03

埼玉県東松山市 箭弓稲荷神社の狐像

287a8823

287a8802

287a8807_20201103063701

287a8812

287a8832

287a8834

287a8838

287a8815

287a8813

 

 

埼玉県東松山市の箭弓稲荷神社を参拝しました。

社殿は、天保十四年(1842)に竣工したもので、埼玉県の有形文化財に指定されています。「拝殿水引虹梁上丸彫り彫刻 目貫龍」も立派なものです。両目がくり貫かれた龍の木彫です。

wikiに「 まれに日本三大稲荷や日本五大稲荷の一つとされることがある」とあるように、けっこう大きな稲荷神社だし、多くの狐の像は見ごたえがあります。

拝殿内に奉納されている狐像は木彫でしょうか。それとお犬さまでは?と思わせるフォルムの狐像もありました。尻尾が直立していて狐像なんでしょうが、丸っこい体つきは狼というより和犬のようです。

それと、マスコットの「やっくん」「きゅうちゃん」像。

バット絵馬掛けというのがありましたが、これも「箭弓(やきゅう)」から来ているんでしょうね。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/10/20

羽田神社の富士塚

Img_2351

Img_2355

 

 

羽田神社を参拝しました。

羽田空港へ向かう京急線の大鳥居駅で降りて、徒歩約8分。多摩川を越える橋の手前に鎮座します。

「羽田神社」だからでしょうが、絵馬にも飛行機の絵が描かれているし、書かれた願い事も航空関係のものが多いようです。神社のリーフレットにも、「羽田の氏神様 航空安全・病気平癒・えんむすび・安産祈願」とあります。

この神社には、「羽田富士」と呼ばれる富士塚があります。大田区の富士塚はここだけだそうで、これは明治初年に築造され、大田区文化財に指定されています。塚の一部には、溶岩が用いられ、登山道には合目石も置かれています。狭いながらもちゃんと頂上まで上り、浅間神社にお参りすることができます。

毎年7月1日には山開き神事が行われていたそうですが、一時中断していました。平成25年に富士山が世界文化遺産に登録されてから、神事が再会されているようです。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/10/11

山梨県甲斐市 謎の動物石像

287a5176

287a5183

287a5180

 

山梨県甲斐市の御領の棚田を撮影しようと、橋の方へ歩いていたら、路傍に石祠があり、左右に動物らしい石像がたっていました。

一瞬、お犬さま(狼)像かなと思ったのですが、半分になった像の後ろ側を見たら、尻尾が直立し、尾の先端が宝珠状になっているのはお稲荷さん(狐)の特徴でもあるので、狐かもしれません。

と、いうことはこの石祠は稲荷神社なのかもしれないですね。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020/10/09

2020年秋、犬連れ車中泊の撮影旅(07)山梨県甲斐市 御領の棚田

287a5228

287a5256

287a5250

287a5249

287a5240

287a5245

 

御領の棚田を訪ねました。

御領、日影林、横田などにまたがる「御領千枚田」群とも呼ばれる規模の大きな棚田です。江戸初期から開田が始まり、かつては3ヘクタール、1000枚以上もあったそうです。現在は2ヘクタール、約800枚です。これでも関東の棚田としては十分広いですが。

ほとんどの稲は刈り取られ、ハサ掛けされた稲が、ひな壇状の棚田に並んでいます。

地図からすると、ここは昇仙峡や金櫻神社への入り口でもあるので、棚田の奥に見える山は、金峰山や国師岳や甲武信ヶ岳でしょうか。

「棚田と案山子の芸術祭」として棚田を見渡せる場所に、複数の案山子が立てられています。その中には、今年ならではの、フェイスシールドをした「コロナにかちましょう」案山子もありました。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧