青柳健二写真展『犬像をたずね歩く』 2018年8月30日~9月30日

  Exdm_01_rafu2018

Exdm_03_rafu2018
 
 
タイトル: 青柳健二写真展 犬像をたずね歩く

会期: 2018年8月30日(木)~9月30日(日) (毎週水曜日定休)

時間: 午前10時~午後7時 (最終日は午後5時まで)

会場: 楽風 2Fギャラリー ※ 入場無料

企画: 楽風
     〒330-0064 さいたま市浦和区岸町4-25-12  048-825-3910
 
 
Rafu

Photo
 
 
犬像を撮り始めたきっかけは、妻と愛犬のビーグル犬ヴィーノといっしょに約1年間かけて日本一周の車旅をしたとき、偶然出会った犬像に興味を引かれたことに始まりました。
全国には忠犬・名犬は今でもたくさんいますが、像になる・像にする、というのは一歩飛び越えた何かがあります。像にすることで、思い出は長く保たれることもあるでしょうが、その犬に対する関係者の愛情・感謝・こだわり、また時には畏れを強く感じます。
写真展では犬像本の第二弾、『犬像をたずね歩く あんな犬、こんな犬32話』(2018年8月青弓社刊)の出版を記念して、約45点の犬像の写真と、それぞれの物語をキャプションとして展示します。
縄文時代から平成時代の犬像を通して、日本人が犬とどのように関わってきたのか、お伝え出来たらうれしく思います。
 
 
 
 
↓は、前回の写真展『全国の犬像をめぐる』の様子。

180103_3

180103_5