2024/04/04

今日から二十四節気「清明(せいめい)」、七十二侯「玄鳥至 (つばめ きたる)」

04__mg_6585

150405_3

意外と今年の桜開花は遅くなりましたが、よっやく桜のシーズンです。

今日から二十四節気「清明」です。

七十二侯「玄鳥至」ですが、ツバメの写真がないので以前日本一周車中泊の旅で立ち寄った島根県の出雲日御碕灯台、4月2日撮影のヤツガシラの写真を掲載しておきます。

 

 

| | コメント (0)

2024/04/01

福井昭夫作品展 2024/4/8~4/14

Img_4921 1_20240401162801

福井昭夫作品展

2024年4月8日~4月14 日

11:00~18:00
(初日12:00~ 最終日16:00まで)

会場は、銀座ギャラリーあづま

https://galleryazuma.sakura.ne.jp/

 

 

| | コメント (0)

2024/03/31

【犬狼物語 其の七百四十二】個人宅の宝登山神社

287a5262

 

ある個人の屋敷に祀られている宝登山神社の祠に置かれていたお犬さまのお札。

以前ここにも10戸ほどの宝登山講がありましたが、今は代参が途絶えています。みなさん務めているので決められた日に参拝するのが難しくなってきたからだそうです。

それで、これは戌年に代参した時の最後のお札になりました。 

 

 

| | コメント (0)

2024/03/30

【犬狼物語 其の七百四十一】三峯神社のあうんのお犬さま像

287a2737

 

三峯神社祠に掲げられた、あばら骨が強調されているあうんのお犬さま像プレートです。

秩父三峯神社の社紋として用いられている菖蒲菱もあります。

 

 

| | コメント (0)

2024/03/21

【犬狼物語 其の七百四十】イヌの起源とニホンオオカミとの関係

287a0314_20230213081401(奈良県大淀町所蔵のオオカミ頭骨)

「すべてのイヌはニホンオオカミの祖先から誕生? 遺伝情報で迫る起源」という記事が朝日新聞デジタルに掲載されました。

記事内にリンクがあり、科学誌ネイチャーコミュニケーションズに発表された論文はこちらを飜訳して読めます。

https://doi.org/10.1038/s41467-024-46124-y

イヌがどのように家畜化されたのか、今のところ想像するしかありませんが、ニホンオオカミの祖先から、しかも東アジアでイヌが誕生したというのはテンション上がります。

そういえば、イヌの起源についてこんな変わった説もありましたね。

子オオカミを人が育ててイヌにしたというのですが、子オオカミに乳をあげることができたのは人の女性しかいないというストーリーです。家畜化された動物で一番早いのがイヌなので、牧畜は始まってなく、牛や山羊の乳の利用もなかった時代です。古代ローマの建国神話、ロムルスとレムスは牝オオカミに育てられたとされますが、これは人がオオカミを育てる逆パターンですね。

確かにそれはあるかも。ただし、家畜化が子オオカミを育てたからだったら、です。

この論文を読んでそうだよなぁとあらためて思いました。

「イヌの家畜化の時間的起源、つまりイヌがいつ人間と関わり始めたかは、オオカミとイヌの個体群間の遺伝的分裂時間と同一視できないため、イヌの家畜化の起源については依然として議論が続いている」(google翻訳より)

とありました。当たり前ですが、DNA解析でわかるのは、オオカミとイヌが分岐したことであって、それに人間がどのように関わったかはわからないということです。だから自分の乳を飲ませて子オオカミを育ててイヌにしたというストーリーも想像の域をでません。

イヌがオオカミから分岐したのは間違いありませんが、人が家畜化してイヌになったというのは証明できません。なんだか常識を覆されたような気分です。「イヌは人が家畜化した」の思い込みがあるということです(俺だけ?)。

 

 

| | コメント (0)

2024/03/18

乙女稲荷神社と庚申塔

287a1203 287a1204 287a1200

287a1198

 

根津神社内の乙女稲荷神社。

狼像 が紛れていることがあるので、狐像 の中をつい探してしまいます。尻尾が直立していなかったりすると余計に。 

その隣には6基の庚申塔。

その中の1基、寛文八(1668)年の青面金剛です。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2024/03/17

埼玉県行田市 前玉神社

287a9973Img_0298287a9980_20240317065901Img_0384

 

前玉神社は「さきたまじんじゃ」と読みます。さきたま古墳群に隣接した、7世紀前半ころに造られた浅間塚古墳のてっぺんに鎮座します。

武蔵国前玉郡は、726年(神亀3年)正倉院文書戸籍帳に見える地名だと言われており、「前玉郡」は後に「埼玉郡」へと漢字が変わり、現在の埼玉県へとつながります。埼玉県名の発祥となった神社であると言われています。

花手水には、古墳群にちなんだと思われる埴輪ふうの人形なども飾ってあります。

本社に登る階段の元に、元禄十年(1697)に奉納された高さ180cmの2つの燈籠があります。この燈籠には万葉集の歌、「小崎沼」と「埼玉の津」が刻まれています。

境内で暮らす猫の特別限定御朱印が人気だそうです。

 またこの辺りで昔から食べられている「いがまんじゅう」(鴻巣市(旧川里町)が発祥)という和菓子をいただきました。まんじゅうが赤飯で覆われていて、食べる前は、視覚から味覚を予想できずに混乱しますが、食べたらおいしいというものです。

 

 

 

| | コメント (0)

2024/03/16

【犬狼物語 其の七百三十九】弘法大師と犬

287a0427(高野山に導いた犬)

287a0432(高野山に導いた犬)

 

161109_4(犬墓)

161109_5(犬墓)

161109_2(犬墓)

 

弘法大師を高野山に導いた2頭の犬像は、当ブログでも何度も紹介している通り高野山はじめ全国にたくさんありますが、徳島県には、その故事とは違う弘法大師の義犬像があります。

四国第十番札所「切幡寺」から西へ数キロメートル行った静かな里は「犬墓(いぬのはか)」という地名です。田んぼや畑が広がり、近くには低い山が続いている典型的な里の風景です。

ここに、弘法大師伝説の犬像があります。阿波市観光協会HPによれば、

「犬を連れてこの地の山に分け入った弘法大師が猪と遭遇したところ、その犬が弘法大師を猪から守りました。しかし犬は、誤って滝壺に落ちてしまい、犬の死を憐れんだ弘法大師が犬の墓を立てこの地を犬墓と名づけたと言われています。墓は享保(1716~36)の頃、犬墓村庄屋松永傳太夫が造ったとされています。」

「犬墓大師堂」の前には、弘法大師と義犬(忠犬)の像が置かれています。この像自体は、平成14年8月に建てられました。

像の反対側には、いくつか古碑や祠が並んでいますが、その中に丸い石が載ったお墓があります。これが義犬の墓です。

34cm×40cmの基礎石(五輪塔の地輪部分が残ったもの)の正面に「戌墓」と刻んであります。その上に径が36〜40cm、高さ23cmの楕円形の自然石を置いてあります。

基礎石の右側面を覗いてみると、犬のレリーフがありました。長さは20cmくらいでしょうか。一部は苔が生えていて、うっかりすると見逃してしまいそうな可愛らしいレリーフです。

 

 

| | コメント (0)

2024/03/14

【犬狼物語 其の七百三十八】弘法大師を高野山に導いた2頭の犬

287a4859

287a4872

 

全国の犬像を周っていると、弘法大師にゆかりの場所で犬像に出会うことが多い。

唐から帰国した弘法大師が、狩場明神が連れた2頭の犬の導きで高野山にたどり着いたという故事に由来します。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2024/03/13

【犬狼物語 其の七百三十七】埼玉県鴻巣市 山神社

287a0255

287a0247

大山祇命を御祭神とする山神社です。 

明治39年、山の神公園地から現在地に遷座したそうですが、このあたり新しそうな住宅街になっています。10年前のナビでは地図が違いました。

境内には浅間大神も祀られています。浅間大神は木花之佐久夜毘売命のことで大山祇命の娘にあたります。

 

 

 

| | コメント (0)

«【犬狼物語 其の七百三十六】埼玉県鴻巣市 宝登山神社