« 【犬狼物語 其の七百三十五】ひな祭りの犬筥(いぬばこ) | トップページ | 【犬狼物語 其の七百三十六】埼玉県鴻巣市 宝登山神社 »

2024/03/09

さいたま市大宮盆栽美術館

Img20240214135417 Img20240214133211 Img20240214134244

Img20240214135230

 何度も行っているさいたま市大宮盆栽美術館ですが、~3月20日(水祝)まで、特別展「煎茶と盆栽~「盆栽」の夜明け」をやっています。

今日の盆栽文化が成立した過程には、幕末から明治時代にかけて大流行した文人たちの煎茶趣味が関係していたこと、初めて知りました。 

庭園のみ写真撮影可です。掲載写真、上から順に

推定樹齢120年の欅

推定樹齢120年の五葉松

推定樹齢350年の五葉松「青龍」

推定樹齢45年の欅

じっと見ていると、根元に人や動物のフィギュアを置きたくなってきます。箱庭療法です。

箱庭療法は、スイス人のドラ・カルフがユング心理学を基盤として発展させて確立した心理療法です。箱庭にミニチュアの人形や動物や建物や植物などを配置するもので、無意識に降りてゆき、心を癒すひとつの方法として取り入れられているものです。

日本の江戸時代にもありました。盆の上に石を置いて風景を作る「盆石遊び」と呼ばれるものです。「盆石遊び」は小学校の教科書に載っているくらい、1950年代までは一般的な遊びだったようです。

このように伝統的に箱庭で遊ぶ文化があったので、箱庭療法が受け入れやすかったそうです。ちなみにノーベル物理学賞を受賞した湯川秀樹博士も子供のころ盆石遊びをしていました。

 

 

|

« 【犬狼物語 其の七百三十五】ひな祭りの犬筥(いぬばこ) | トップページ | 【犬狼物語 其の七百三十六】埼玉県鴻巣市 宝登山神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【犬狼物語 其の七百三十五】ひな祭りの犬筥(いぬばこ) | トップページ | 【犬狼物語 其の七百三十六】埼玉県鴻巣市 宝登山神社 »