« 2024年5月 | トップページ

2024/06/27

【犬狼物語 其の七百六十三】どうして関東地方に垂れ耳、あばら骨表現の狼像が多いのか?

287a5103(立ち耳ではない=狐ではない=狼か犬だろう)

287a5131_20210823072401_20240626111101(吹上稲荷神社の狐像)

_87a2772_20220110084101_20240614080101(千住神社/三峯神社の狼像)

 

最近はずっと狼像の形について考えています。細かい形にこだわるのは、やっぱり写真を撮っているせいでしょうか。世間的には何の役にも立たないけれど、なぜか気になってしかたがない、我ながら変な奴だと思っています。

お犬さま(狼)像の特徴である、浮き出たあばら骨や垂れ耳の表現など、なぜか関東地方に多い傾向があることは、石像やお札に描かれた狼像の数を実際にカウントしてわかったことです。(結果は以前「あばら骨」「垂れ耳」を参照)

どうして関東地方に多いのか?

あばら骨に関しては東日本に狼が多く住んでいて目にする機会が多かったからとか、あばら骨の表現が「狼」を意味する符号になっていたのでは?といった推理。また垂れ耳は洋犬の影響とか、神さまを前に畏まった姿を表している、齢を重ねた狼を表しているのではないか、という推理がありました。

ただ、どうして関東に多いのかが今一よくわかりません。

先日、ある都内の神社の境内に小さな稲荷社があったのでお参りしました。そこに10体ほどの狐像が奉納されていたのですが、「あれ?」と、1体だけ尻尾が直立していない像が目に飛び込んできたのです。これは心理学でいう視覚探索のポップアウトですね。この尻尾を這わせた像は、多くの直立した尻尾の狐像とは違う姿なのですぐに気がつくことができるのです。

そこで、こういう推理はどうかなと思いつきました。

東国ではもともと狐信仰が盛んで、江戸時代には、稲荷信仰が狐信仰と結びつき、稲荷社には狐の像が奉納されるようになったようです。東国に稲荷社が多いことを多くの記録が示しています。例えば、1781年の木室卯雲の『見た京物語』には、京では「町々の木戸際ごとに石地蔵を安置す。是愛宕の本地にて火ぶせなるべし。江戸のごとく稲荷多く祀らず」、1818年の大田南畝の『奴師労之』には、「稲荷の社関東に多し。大坂より西には稲荷なし」とあります。また名所図絵の類に記載された稲荷社の数によっても、江戸には稲荷社が多かったことが確認できます。

「伊勢屋稲荷に犬の糞」という言い回しもありました。「伊勢屋」という屋号の店や「稲荷社」や「犬の糞」など、江戸に多いものを並べたものです。多少の皮肉やからかいの気持ちも入っているようです。実際は当時言われていたことではなくて、明治になってから、江戸を懐古して言われ始めたようですが、それはともかく、江戸には稲荷社が多かったことは事実のようです。

都内で一番古い狐像は、吹上稲荷神社の宝暦一二年(1762年)のもので耳が立っています。これが狐像のルーツなのかわかりませんが、現在でも、多くの狐像の尻尾は直立し、三角耳は立っていて、立ち耳ではない狐像はないようで、垂れ耳なら狐以外のイヌ科動物、つまりは狼像か犬像の確率が高くなるでしょう。

吹上稲荷神社の狐像から83年後に奉納された千住神社/三峯神社の弘化二年(1845年)のものは耳が垂れています。24区内で一番古い狼像といわれるものですが(「都内」というと奥多摩の山の神を祀った狼像があります。狼像としては別系統と思われます)、これが吹上稲荷神社の狐像を手本にしたのではないかと思われるくらい、いや、同じ石工が作ったのではないかと見紛うくらい、雰囲気がそっくりなのです。ただし、狼像の方は垂れ耳で、牙があり、尻尾が直立していなくて横に這わせてあります。(残念ながらあばら骨の表現はないようです) 両像を比べてみると、狐と狼の特徴がよくわかるのです。

そこで江戸でも狼信仰が盛んになり、関東地方に三峯神社や武蔵御嶽神社の講が結成されて分社も増えてきて、そこに狼像を置いた時、多くの狐像と区別するために、垂れ耳やあばら骨の表現を施した像が多くなったのではないかということなのです。後発の狼信仰にしてみれば、狼に特にこだわった造りにするために、狐とは違う、垂れ耳、牙、横に這わせた尻尾、あばら骨という表現をしなければならなかったのではないか。

しかも、狐憑きに効果があるとされた狼。狼は狐よりも強い、ということで、その強い狼を表現するためにも、狐とは違うということをアピールしたのではないか。

関東に垂れ耳やあばら骨の表現が多いのは、多くの狐像に対抗、と言ったら言い過ぎかもしれませんが、区別するためではなかったのか、という推理です。

それと絶対数が多ければ様式ができて、それが固定化されるとも考えられます。

一方、西国には稲荷神社が少なく、よって狐像も少なく、木野山神社などの分社に置かれた狼さんの像が、関東地方でなら狐像と間違えそうな、直立の尾を持っていたりします。もちろん耳も立っています。

つまり狐の像と競合する場面が少ないので、狼をことさら狐と区別していなかったのが原因なのではないか。イヌ科動物らしい像であれば狼像として成立したんじゃないかと思うのです。はっきり言って、西国では狼像を造るとき、東国ほどのこだわりがなかった、ということです。西国の狼像には、狐のような像がたくさんあります。直立した尻尾もそうですが、垂れ耳やあばら骨の表現がありません。あってもすごく少ない。もしかしたら東国から伝わったものはあるかもしれませんが。

結果、関東地方に狼らしい特徴の石像が多いのはそのためなんじゃないかと。これが今のところの俺の推理です。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2024/06/26

写真展『旅するヴィーノ 日本一周犬が見た日本の風景』

Dmweb

 

写真展『旅するヴィーノ 日本一周犬が見た日本の風景』

2024.7.11(木)~7.23(火) 【7.17休み】
10:00~19:00 (最終日15:00)
ギャラリー楽風
さいたま市浦和区岸町4-25-12

 

ビーグル犬ヴィーノと妻と車中泊しながらの旅で撮影したヴィーノが映った日本の風景。雑誌で5年間連載したものを中心に展示します。

 

 

| | コメント (0)

2024/06/16

【犬狼物語 其の七百六十二】お犬さま(狼)像の耳の形状

_87a2772_20220110084101_20240614080101

 04img_4341

Photo_20240614080101

先日は、あばら骨が浮き出た表現を施されたお犬さま(狼)像は関東地方に多いという話題でしたが、今日は耳の形状の話です。

以前、立ち耳と垂れ耳の違いはどんな理由ですか?と聞かれたことがあり、たしか「奉納者の好み」「お札の狼の姿に似せた」と答えたような気もしますが、本音を言えば「わからない」です。

そう聞かれれば、どうして垂れ耳の狼像があるんだろうか?という疑問が沸いてきます。俺は生物としてのオオカミには詳しくないので、立ち耳のオオカミしか想像していませんでしたが、もしかしたら、立ち耳ではない状態のオオカミの方が普通なのか、オオカミに詳しい人に教えてもらいたいですね。

参考になるかわからないですが、都内で一番古いと言われている千住神社の三峰神社前に奉納された弘化2年(1845年)のお犬さまは垂れ耳です。秩父三峰神社の拝殿へ向かう階段の両側に立っているお犬さまは文化7年(1810年)奉納ですが、立ち耳です。大嶽神社の本殿で護っているのは宝暦9年(1759年)のお犬さまで立ち耳です。

このように、今のところ、古いからどうの新しいからどうのという時代的なものなのかわからないんですが、もしかしたら「あばら骨」同様、いろんな人から情報がくるかもしれないなと望みをかけてXにポストしてみました。

 その前に実際のオオカミの耳の様子を見てみます。ダニエル・ベルナ―ル著『狼と人間』にある狼の表情の図を上げておきます。

Img20240611052654

威嚇でも、立ち耳と伏せ耳があるんですね。耳の形からだけでは狼の状態も分からないようです。少なくとも垂れ耳は無さそうです。でも科博のニホンオオカミの剥製を見ると、この図のオオカミよりは耳が大きく、垂れ耳にもなりそうです。とくに最近発見されたニホンオオカミの剥製は。(参照:「ニホンオオカミの剥製」

NHKダーウィンが来たでCG再現されたニホンオオカミの耳は意外に小さくて驚いたくらいですが、それはこの科博の剥製を見ていたからです。ただ、この剥製、イヌとの交雑種である可能性がゼロではなく、耳の大きさにそれが現れているのかもしれません。(このあたりはまた別問題です)

 

さて、お犬さま(狼)の像です。

狼像の耳の形状には、立ち耳と垂れ耳がありますが、垂れ耳がまた関東地方特有かもしれないことがわかりました。

関東地方(山梨県も一部含む)の狼像を扱った拙著『オオカミは大神 弐』に掲載した狼像で、耳の形状を基に数を数えてみました。

「立ち耳」、「垂れ耳」、そして立ち耳と垂れ耳の中間のような、ちょっと後ろになびかせたような耳を「伏せ耳」として、3種類に分けました。(1対ある場合も「1体(1か所)」として数えています)

立ち耳:103体(59%)
伏せ耳:43体(24%)
垂れ耳:22体(12%)
不明:8体(5%)

立ち耳は全体の59%ですが、立ち耳ではない耳:伏せ耳+垂れ耳=65体(36%)ということで、3分の1以上が立ち耳ではない耳で、これはかなりの割合かなと思います。

もちろん、立ち耳ではない耳は、東北地方にも西日本にも無いことはないですが、数は少ない。だから立ち耳ではない耳を持ったお犬さま(狼)像は、関東地方の特徴と言ってもいいかもしれません。

どうして関東地方に多いのか?

あばら骨の事情とは違います。耳だけで狼の感情の状態を判断するのも難しいし、これはあばら骨以上の難問かもしれません。というか、それほど耳の形に意味を持たせなくてもいいのでしょうか。単なる流行なのかもしれないし。(俺たちは必要以上に意味や因果関係を知りたがる)

たとえばこんな例も聞きました。立ち耳など、尖った部分があると人が触った時にけがをすると悪いので、丸くした(垂れ耳にした)という話を、ある神社の犬像のところで聞きました。また石像は長年の風雨で出っ張った部分は破損しやすいということもあります。だから破損しないように垂れ耳にしたのではという話も聞きました。

それとこれは想像ですが、石像よりも先に狼のお札があって、それに似せて造った石像も多かったのではないかと思います。だったらまず、お札に描かれたお犬さまの耳の形状はどうしてそうなったのか?との疑問が出てきます。

少なくとも、尖った耳は壊れやすいとかの理由は当てはまりません。そうするとやはり耳の形に何か意味を持たせたのではないかと思われます。

想像をたくましくすると、日本の地犬より洋犬が強く見えたので、洋犬ふうな垂れ耳にしたとか。日本の地犬、柴犬のような地犬は伏せ耳にはなっても垂れ耳までにはならないし。

洋犬が日本に入ってきたのは、19世紀後半から20世紀初頭にかけてのことです。初めて洋犬が持ち込まれたのは1853年。この年、アメリカのペリー提督が率いる黒船が浦賀に来航し、日本に開国を迫った際、ペリーは日本政府への贈り物としてグレイハウンドを持参したそうです。当時の人はこの洋犬を見てびっくりしたのではないでしょうか。

ただ、この事実からすると、千住神社の三峰神社前に奉納されたお犬さまの奉納年は1845年なので、洋犬が入る前になってしまい、洋犬をまねた可能性は低くなるのかもしれません。でも、洋犬が描かれた書物などはすでに日本に入っていた可能性はないのでしょうか。そのあたりは調べてないのでわかりません。

でも、そもそも科博で展示されているニホンオオカミの剥製のように耳が大きいなら、洋犬の真似をするまでもなく、猟師が射止めたニホンオオカミは耳が垂れていた可能性もあるかもしれません。こうなってくると、やはり科博のニホンオオカミだとされる動物のDNA鑑定してほしいですね。なぜ狼像に垂れ耳があるのかとも関係してくるのです。

ChatGPT先生に聞いたところ、立ち耳の狼像には、「守護」「警戒」を表し、垂れ耳の狼像は「親和」「保護」を意味するそうです。

確かに、立ち耳の狼像は凛々しくて毅然として、外敵から守っているように見えます。それに比べて垂れ耳の狼像はなんとなく優しさが漂い、人々を守ってくれそうな印象を持ちます。

お犬さま(狼)像は、生物としてのニホンオオカミそのものではなく、あばら骨同様、その表現を用いることであるメッセージを伝えるというイメージであることを思えば、『狼と人間』の狼の表情の図はあまり参考にはならず、むしろChatGPT先生の言う「立ち耳」と「垂れ耳」の象徴する意味は、まんざら的外れではないのかもしれません。

Xのポストに対していただいた情報によると、年齢がいったオオカミの耳は実際垂れるらしい。そうすると、お犬さまの見方がちょっと変わってきます。

垂れ耳は、もしかしたら年齢がいったオオカミを表している可能性があるわけですね。齢を重ねた者は、存在感・落着きがあり、知識も豊富、頼りになるイメージもあるし。

こういった意味を狼像に与えたのか、それとも無意味なのか、結局、答えは今のところ分かりませんが、いろんな解釈ができるところも現代人にとっては狼像の魅力の一つであるのは間違いありません。

 

 

 

| | コメント (2)

2024/06/14

マイケル・W・フォックス著『オオカミの魂』 オオカミは「元型」

1_20190812060601

 

4年ほど前にこの本は一度紹介しています。

「狼信仰」自体は日本固有の信仰ではなくて世界中にあります。もちろん、島国であったり、牧畜を行わなかったりという日本の環境が独特の狼信仰をはぐくんだとは言えるでしょう。 

時代を遡るほど、狼に対しては人類共通のある心理的傾向が見えてきます。

人類共通のある心理的傾向とはどういうことかというと、これまで外国の狼信仰について調べた中で、どの民族でも、オオカミに対しては「畏怖」と「軽侮」、「憎悪」と「憧憬」など、アンビバレントな気持ちが生まれ、そこから狼信仰が始まっているようなのです。 その狼に接した時に抱く心理的傾向に共通性を感じます。

マイケル・W・フォックスはイヌ科動物の権威で、心理学、行動学の博士号を取得して『イヌの心理学』、『イヌのこころがわかる本』などの著書もある生態学者・獣医師です。著書『オオカミの魂』は、単なるオオカミの生態・行動を紹介した本ではなく、行動学、心理学、哲学、社会科学など幅広い領域の成果をもとに、現代の人間が抱える精神的な問題に踏み込んだ本です。オオカミだけではなく、あらゆる生き物への畏敬の念の大切さを訴えています。

「オオカミは野生状態の象徴的な存在、つまり野生に対する意識の元型になっています。」

「自然は、わたしたち人間が健全さと文明を取りもどす最後の望みなのかもしれません。そしてオオカミはわたしたち人間にとって、高貴な野蛮人といういくぶん空想的な存在よりもずっと現実的で、実際により適切でもある水先案内人、元型となりうるのです。」

ちなみに「高貴な野蛮人」とは 「創作物におけるストックキャラクターで、先住民、アウトサイダー、未開人、他者、といったものの概念を具現化したものである。彼らは文明に汚染されておらず、従って人間の本来の美徳を象徴する。」(wikiより)

フォックスは「元型」と表現しています。

「元型」とは、心理学者ユングが提唱した概念です。「集合的無意識で働く人類に共通する心の動き方のパターン」といった意味。代表的なものに「太母」「老賢者」などがありますが、「狼」もそうなのではないか、ということです。

西洋でも、モンゴルでも、日本でも、時代を遡れば遡るほど、狼に接した時の心理的傾向が同じように見えますが、そこが「元型」といわれる所以でしょう。狼は人間に共通の「元型」の一つなのではないかと思います。狼は世界のいたるところに生息し、人間にとってはあるときは同じ獲物を巡って競合する敵であり、凶暴な怖い動物であり、同時に、狩の仕方を学ぶ先生、強さに対する憧れの存在でもありました。

狼信仰がある程度認知されて、神社から狼のお札やお守りをもらってきて、実際いいことがあったり、災厄から逃れたから「良かった」と思っているかもしれませんが、狼のお札やお守りの扱いをおろそかにしたら、悪いことが起きる、ということもセットで考えなくてはならないということでしょう。それは、狼自身を想像してみればわかるのではないでしょうか。

お札やお守りは、いいことだけを与えてくれるアイテムではないということです。扱いをおろそかにしたら悪いことが起こる、ということとセットで考えないと。

そしてそれは自然界の狼と相似形なのです。どうも現代人は、ご利益だけいただいて、負の面を考えていないようにも見えます。パワースポットにも副作用があると思うので注意したほうが良いと個人的には思います。

 

 

| | コメント (0)

2024/06/10

【犬狼物語 其の七百六十二】お犬さま(狼)像のあばら骨の表現について(お札の場合)

Img20240601102927

 Photo_20240610062802Photo_20240610062801

 

前回は、石像・ブロンズ像のお犬さま(狼)のあばら骨の表現についてでしたが、それじゃぁ狼のお札はどうなんだろうかと疑問がわきました。

だから今回はお札についてです。今さら言うのもなんですが、石像よりもお札が先だったかもしれません。お札を参考にして石像を作った例もあったのではいでしょうか。

まず参考にした資料はこちらです。

松場正敏氏、編集発行の『お犬様の御札 ~狼・神狗・御眷属~』(2020年7月13日)で、全国の狼のお札を網羅している第一級の資料です。

この本に掲載された狼のお札と、俺がいただいた「群馬県黒髪山神社&鳥取県三輪神社&岡山県倉敷市木野山神社」のお札をプラスして、狼のあばら骨が浮き出た表現の有り・無しで、カウントしてみた結果です。(お札に一対あるばあいは、それぞれ1体としてカウント)

前回は、狼像のあばらの表現は東日本に多いようだ、という結果だったので、お札も東日本と西日本とに分けたいところですが、西日本のお札は絶対数が少ないので、今回は、「東北と関東+山梨」と、「静岡、長野、岐阜、福井以西」としてわけてみました。

次が結果です。

 

【東北と関東+山梨】
あばらの表現が有り:85体
あばらの表現が無し:116体
[あばら有りは全体の42%]

 

【静岡、長野、岐阜、福井以西】
あばらの表現が有り:7体
あばらの表現が無し:55体
[あばら有りは全体の11%]

 

この結果をどう見るでしょうか。

全体では、263体中、有りは35%、無しは65%です。【東北と関東+山梨】ではあばら有りが42%、【静岡、長野、岐阜、福井以西】ではあばら有りが11%で、石像ブロンズ像同様に、東日本にあばらの表現を用いた狼像が多い傾向があるように見えます。ただし、これはサンプルの取り方をどうするかで結果が違ってきそうです。

 

『お犬様の御札』には、昔のお札も数多く掲載されているので、では、現在授与されているお札だけ(氏子だけに授与は除く。つまり一般人が現在も手に入れられるお札)の場合はどうでしょうか。

 

【東北と関東+山梨】
あばらの表現が有り:25体
あばらの表現が無し:34体
[あばら有りは全体の42%]

 

【静岡、長野、岐阜、福井以西】
あばらの表現が有り:6体
あばらの表現が無し:25体
[あばら有りは全体の19%]

 

全体では、90体中、有りは34%、無しは66%です。【東北と関東+山梨】では42%、【静岡、長野、岐阜、福井以西】では19%で、あばらの表現は同様に【東北と関東+山梨】が多い傾向を示しています。

 

『お犬様の御札』でわかったのですが、同じ神社でも昔のお札にはあったのに、新しいものではなくなっていたりします(両神御嶽神社など)。時代によってその傾向は変わっているかもしれません。また、白い狼にはあばらの線が入っているのに黒い狼は全体が黒で塗りつぶされているなどの例もあります。

 

表現が難しいのですが、昔のお札も、現在授与されているお札でも、「東日本固有」とまでは言えなくても「東日本に多い」傾向は間違いありません。

そして将来、いや今も、様々なお札が発見されているようなので、今後の課題です。

 

それではなぜあばら骨が浮き出た表現が東日本に多いのか?という疑問は、前回の「お犬さま(狼)像のあばら骨の表現について」を参考にしてください。

それと、ある狼の絵はあきらかに同じものがあり、どちらかが真似されたんだろうなとわかります。どちらがどちらを、ということまではわかりませんが。

カメラもない時代です。絵心があれば、あるいは寸法など正確に測れば可能かもしれませんが、石像をほとんど完璧に真似して作るのは不可能だったろうと思います。その点、お札は運ぶのが楽なので、遠いところにもっていって、真似することは簡単にできたのではないでしょうか。良いと思ったものは真似をする。これは文化の基本でしょう。

 

 

| | コメント (0)

2024/06/08

下田の陰祭り 下田太鼓の音が夜の街に響き渡る

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2024年5月 | トップページ