カテゴリー「【犬狼物語】犬像と狼像(狼信仰)」の849件の記事

2023/11/24

【犬狼物語 其の六百九十九】栃木県佐野市 三峯神社の祠

287a0356_20231124062901

287a0351

この祠について講元さんに伺ったところ、現在6戸で三峯講の活動を続けているそうです。

 

 

| | コメント (0)

2023/11/14

上野博士とハチ公

 

_87a8341

 「人類学者と愛犬」の話だそうですが、やっぱり、これ、「上野博士とハチ公」を思い出してしまいます。

 

| | コメント (0)

2023/11/09

【犬狼物語 其の六百九十八】犬型土製品

 

google翻訳すると「歴史的な神話から、アッシリア人は犬の霊が家に侵入する悪霊の攻撃を撃退してくれると信じていたため、犬の像を家の下に埋めました。」
となり、これでピンときたことがあります。

_87a1779

Image_20231101160801

 

 

栃木県栃木市の藤岡神社遺跡から縄文時代後期の犬型土製品や、犬の頭骨などが出土しています。

この犬型土製品は、日本で出土している犬形土製品としてはたぶん一番有名なもので、数年前、フランスで開かれた日本文化を紹介するイベントでも展示されました。(事情により、写真はここには掲載できませんが『犬像をたずね歩く』には掲載しています)

 

埼玉県加須市の長竹遺跡からも、これまでに縄文時代・晩期(約3500〜3000年前)の動物形土製品が複数出土しています。その中に犬形土製品もあります。(写真上) 縄文時代の犬像は猪像と同時に出土する例が多いらしく、狩猟の儀式に使われたのでは?と言われていますが、実際はどんな目的で作られたかはわからないそうです。

 

弥生時代の遺跡から出土の土製品もあります。(写真下)

志木市埋蔵文化財保管センターに展示されている「動物形土製品」と呼ばれるものですが、管理センターのスタッフによると、以前は「弥生の犬」と呼んでいたそうですが。学術的にまだ「犬」と確定していないので、正確を期すために今は「動物形土製品」と呼んでいるそうです。

遺跡は弥生時代後期から古墳時代前期のものです。この犬と思われる土製品は、1軒の住居の床から発見されました。これもまた、用途がわかりません。

 

そこで、このXを見たとき、日本で発掘された犬型土製品もアッシリア人のように、犬像が邪悪なものから守ってくれる意味があったのではないか、と思ったわけです。事実どうかは証明しようがありませんが、参考にはなる話だと思います。

日本でも「犬」「狼」は邪悪なものから人を守ってくれる、たとえば狼の護符や「犬」文字のような信仰も残っています。ちなみに、恵那市の中山神社のお犬さまは土製の小さな像です。

そう考えると、犬や狼が、邪悪なものから人間を守ってくれるという信仰は、人類共通の可能性もあるのかもしれません。

 

 

| | コメント (0)

2023/11/07

【犬狼物語 其の六百九十七】栃木県鹿沼市 安房三峯神社

287a0277

287a0283

建物の2階屋上に鎮座する三峯神社というのは、知る限り、ここだけです。

この神社に着いては、『オオカミは大神【弐】』にも書いていますが、写真は掲載していません。

勧請された経緯が『鹿沼市史』に載っています。

安政六年、全国に狐狼狸(コレラ)が流行したとき、三峯神社から眷属のお犬さまを迎えた。
その日、猫の子のようで、毛は剛く、爪堅い珍獣「オサキ狐」が見つかった。みんなが見に集まったが、これはお犬さまを迎えた霊験のあらたかさと、人々は恐れ驚いた。

お犬さまが悪狐を退治するという考えは、ここ鹿沼にも伝わっていたということです。

 

| | コメント (0)

2023/10/31

【犬狼物語 其の六百九十六】渋谷は「お犬さま」の聖地(2)

Image_20231031063001

287a4391

ハロウィーン当日です。

今日も渋谷の街を「お犬さまの聖地」のハチ公像と狼像が見守ります。

 

 

| | コメント (0)

2023/10/30

【犬狼物語 其の六百九十五】渋谷は「お犬さま」の聖地

P041287a5986P041img_5828

 

「渋谷はお犬さまの聖地」とは、俺が勝手に言っていることですが、偶然なのですが、ハチ公像と、宮益御嶽神社の狼像は、300mを隔てて向かいあっています。

「お犬さま」はある人には「犬」、ある人には「狼」を意味します。だから「お犬さまの聖地」。

渋谷の街を見守っているように見えます。警戒されているハロウィーンですが、事故無くハロウィーンが終りますように。

 

 

 

| | コメント (0)

2023/10/25

【犬狼物語 其の六百九十四】福島県郡山市 首長お犬さま像

287a0131

 

首をヌーっと突き出したのが特徴の郡山市・三峯神社のお犬さま(狼)像。 

| | コメント (0)

2023/10/24

【犬狼物語 其の六百九十三】福島県浪江町 山津見神社

287a9396

287a9416_20231023071101

287a9409

帰還困難区域の北側に鎮座する浪江町の山津見神社。

 

 

 

| | コメント (0)

2023/10/23

【犬狼物語 其の六百九十二】福島県大熊町 大山祇神社

287a9355

287a9361

287a9374_20231023065101

287a9384

福島県南東部には多くの大山祇神社が鎮座します。 

 大熊町の大山祇神社もその一社で、帰還困難区域の約1kmほど外に鎮座します。

 これらの大山祇神社も飯舘村の山津見神社と関係があるらしい。

 

 

 

| | コメント (0)

2023/10/21

【犬狼物語 其の六百九十一】福島県新地町 鹿狼山神社

287a9477_20231021060801

287a9486

 

この緊張関係。

食うものと食われるものが対峙する。

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧