カテゴリー「写真」の556件の記事

2024/02/23

今日2月23日は 富士山 Mt.Fuji の日

00_ 05_mg_9922

 

 

 

| | コメント (0)

2024/02/21

長野の棚田

287a5428

287a5386

287a5233

287a5615_20240221071601

287a5142

上から姨捨の棚田、姨捨の棚田、田野口の棚田、大岡中牧の棚田、そして今年棚田サミットが予定されている上田市の稲倉の棚田。

雪の棚田の写真は、タイミングが難しい。雪が多すぎても段差が見えなくなるし、曇った日もまたフラットになって段差がわからなくなります。

そんな中、今回は条件は比較的良かったのではないかと思います。

 

 

| | コメント (0)

2024/02/10

2024年2月10日は旧暦1月1日

F7tq8rvagae6ls

あけまして、おめでとうございます。

今日、2024年(令和6年)2月10日は、旧暦の元日です。

 

旧暦棚田ごよみについて

2年前、岡山県のある神社で夜の神事に参列する機会がありました。その日は11月15日でした。ただしこれは新暦の日付で、昔は旧暦の霜月11月15日に斎行されていた神事なので、満月の夜だったのです。真夜中ならちょうど中天に月が煌々と輝いていたことになります。それを想像するとぞくぞくっとしました。

昔の祭や神事は月の満ち欠けと関係していました。だから昔の人はいまよりも月の満ち欠けに敏感だったことが想像できます。

柳田国男は『年中行事覚書』の中でこう言っています。

「暦が字で書き印刷した本になり、どこの家庭でも見られるようになったのは至って新しいことで、もとはその暦本の数も少なく、こしらえる処が遠くに在って持って来る方法も なく、それに第一読める人が少なかった。そのためにたいていの農村では昔の仕来りのままに、月の形を見ていろいろの祭や行事の日をきめたのであった。年や月というものの境 も、この満月の日だったろうかと私は思うが、その点は確かにそうだとまでは言えない。ただ少なくとも多くのお社の祭が、今でも十五日の後先になっているのは、文字を知らない人々には月の形が、一ばんわかりやすい暦だったからである。」

毎日変化する月の満ち欠けそのものが暦だったのです。月の満ち欠けには規則性があるということに気がつくには、約29.5日という周期は、偶然とはいえ、ちょうどいい長さだったかもしれません。

ただ、月の満ち欠けだけでは、季節がずれていくので、太陽の動きも考慮したのが太陰太陽暦です。

日本では中国由来の太陰太陽暦を日本風に改良して使ってきましたが、明治6年から太陽暦(新暦/グレゴリオ暦)に変更され、それまで使っていた暦は「旧暦」と呼ばれることになりました。今年は改暦から151年目です。

世界標準となった太陽暦によって科学技術が発展し、豊かになったのも事実なので、否定するものではありませんが、旧暦と新暦の併用はできないものでしょうか。中国、台湾、ベトナム、韓国などの国々では旧暦を併用していますが混乱はありません。日本でも「中秋の名月」など、旧暦を意識せざるをえない日はあって、生活に潤いを与えています。

私たちもこの10年旧暦を使ってきて、確実に月を見上げる機会が増えたし、田んぼの稲の様子の移り変わり、周辺の草花、気温の変化などに敏感になったのは確かです。これは旧暦を意識しているからにほかなりません。

新暦に慣れているので、旧暦ごよみは初め使いづらいかもしれませんが、普段は気にも留めないことに意識を向けさせてくれるのも旧暦なのです。旧暦を使うことは懐古趣味というのではなく、むしろ新しいライフスタイルを提案するという意味もあります。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2023/12/20

長野県上田市 稲倉の棚田

287a1688

 

来年の棚田サミットが開催される長野県上田市の稲倉の棚田です。

「旧暦棚田ごよみ」を作っているので、こういう時期、いわゆる「何もない」時期の写真も必要となってきます。

でも、「何もない」と書きましたが、写真を見てわかる通り、「何もない」わけではない、ということですね。この時期じゃないと見ることができない棚田の風景があります。

 

 

| | コメント (0)

2023/12/19

長野県長野市 善光寺

287a1580_20231217074101

287a1562

287a1618

287a1643

 

今まで近くを通ってはいたんですが、ちゃんと参拝したのは初めてです。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2023/12/16

地獄谷野猿公苑

287a1429

287a1403

287a1483

287a1511_20231216080001

287a1434

長野県の北部、山ノ内町の横湯川の渓谷に位置しています。

今までアジアでも野猿のいる場所に行ったことがありますが、たとえば、ネパールのスワヤンブナートや、バリ島ウルワツ寺院などでは、猿が凶暴で、観光客を襲うということがありますが、ここはまったくそういうことはありません。

食べ物やレジ袋の持ち込みは禁止で、監視員もいるので、猿が人を襲う姿はありませんでした。

そして有名な入浴シーン。もっと寒くなると温泉に入る猿が増えるのかもしれませんが、行ったときは、おばあさん猿が1匹、ずっと温泉に入っていて、他に、数匹がちょっと入ってはすぐに出るといった状態でした。

その入浴シーンを大勢の観光客がカメラを構えて覗いているシーンも面白いといえば面白い。8割は外国人観光客だったようです。

 

 

| | コメント (0)

2023/11/30

晩秋の風景

Img_8020

 

西日を受けた地蔵さんたち。典型的な晩秋の風景ですねぇ。

 

 

 

| | コメント (0)

2023/11/04

古峯神社

Img_4082

Img_4097

Img_4105

Img_4084_20231101112301

 

「天狗の社」としても知られる古峯ヶ原古峯神社。日光修験の道場で、火伏や豊作・村内安全の神として崇敬を集めています。  

 

 

 

| | コメント (0)

2023/11/02

古峯園の紅葉

Img_4109_20231101060101

Img_4144_20231101060101

Img_4117_20231101060101

Img_4127_20231101060101

Img_4146_20231101060101

 

古峯神社の古峯園の紅葉は見頃でした。(2023年10月30日撮影)

 

 

| | コメント (0)

2023/10/10

宮城県丸森町 猫の石碑

287a9516

287a9513

287a9511_20231010071601

 

自分の中のパンドラの箱が開いてしまったかな。

今まで、あえて丸森町では犬狼像しか撮ってこなかったのですが、これはもうだめです。丸森の猫碑にはまりました。

ここには3基の猫碑があります。

あと、鶴碑や狼碑もあります。

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧