カテゴリー「旅(日本)」の636件の記事

2024/06/26

写真展『旅するヴィーノ 日本一周犬が見た日本の風景』

Dmweb

 

写真展『旅するヴィーノ 日本一周犬が見た日本の風景』

2024.7.11(木)~7.23(火) 【7.17休み】
10:00~19:00 (最終日15:00)
ギャラリー楽風
さいたま市浦和区岸町4-25-12

 

ビーグル犬ヴィーノと妻と車中泊しながらの旅で撮影したヴィーノが映った日本の風景。雑誌で5年間連載したものを中心に展示します。

 

 

| | コメント (0)

2024/06/08

下田の陰祭り 下田太鼓の音が夜の街に響き渡る

 

 

 

 

| | コメント (0)

2024/04/25

【犬狼物語 其の七百四十四】鎌北湖の「犬魂碑」

Img_2621

Img_2615

Img_2685

Img_2626

偶然にも鎌北湖には、埼玉猟友会、昭和45年建立の「犬魂碑」がありました。まさかこんな碑がここにあるとは思っていなかったので、まるでヴィーノの魂に導かれたようです。

しかも3頭の猟犬のブロンズ像のうち、一番真ん中にいるのはビーグル犬のようです。

まったく因果関係のない偶然なのですが、これを単なると偶然と思うか、それとも何か意味を感じてしまうのか、ということですが、ヴィーノが亡くなって数日しか経ってないので、やっぱり「ヴィーノの魂が導いた」と思うことは自然なことでしょう。

「ヴィーノの魂が導いた」と思うことは、俺たち夫婦にとってはすごく意味があり、少し心が癒されるということは実際あります。「喪の作業」のボウルビィの4段階説では、まだ死を受け入れられない段階ではあるようですが。

ビーグル犬は優秀な猟犬です。とくに嗅覚がすぐれています。だから麻薬や癌探知犬にもなっています。

俺も、ヴィーノの嗅覚は鋭いなと、その才能に一目置いていました。視覚では俺の方が速く見つけるときもありましたが、嗅覚では勝てませんでした。

車の助手席で騒ぎ出すので注意して進むと、そこにはタヌキやサルなどの野生動物がいたりしたのです。ただ北海道のヒグマに遭遇した時だけは、ずっと寝たふりしていましたが。

 

| | コメント (0)

2024/04/22

ヴィーノ

Img_2674

_mg_4433

Photo_20240422084501

287a0637_20240422084501

 

 

 

 

| | コメント (0)

2024/02/23

今日2月23日は 富士山 Mt.Fuji の日

00_ 05_mg_9922

 

 

 

| | コメント (0)

2024/02/20

長野県長野市 芦ノ尻の道祖神

287a5525287a5509

 

長野県長野市の芦ノ尻の道祖神です。

神面が取り外された1.5メートルほどの道祖神の石碑に、正月に飾られた注連縄で新しい神面を飾りつけ、来年1月7日までの1年間、地域の無病息災と豊作を祈る守護神とします。

なお、近くには原田沖の棚田があって、そこからも雄大な北アルプスを眺めることができます。

 

 

| | コメント (0)

2023/12/20

長野県上田市 稲倉の棚田

287a1688

 

来年の棚田サミットが開催される長野県上田市の稲倉の棚田です。

「旧暦棚田ごよみ」を作っているので、こういう時期、いわゆる「何もない」時期の写真も必要となってきます。

でも、「何もない」と書きましたが、写真を見てわかる通り、「何もない」わけではない、ということですね。この時期じゃないと見ることができない棚田の風景があります。

 

 

| | コメント (0)

2023/12/19

長野県長野市 善光寺

287a1580_20231217074101

287a1562

287a1618

287a1643

 

今まで近くを通ってはいたんですが、ちゃんと参拝したのは初めてです。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2023/12/16

地獄谷野猿公苑

287a1429

287a1403

287a1483

287a1511_20231216080001

287a1434

長野県の北部、山ノ内町の横湯川の渓谷に位置しています。

今までアジアでも野猿のいる場所に行ったことがありますが、たとえば、ネパールのスワヤンブナートや、バリ島ウルワツ寺院などでは、猿が凶暴で、観光客を襲うということがありますが、ここはまったくそういうことはありません。

食べ物やレジ袋の持ち込みは禁止で、監視員もいるので、猿が人を襲う姿はありませんでした。

そして有名な入浴シーン。もっと寒くなると温泉に入る猿が増えるのかもしれませんが、行ったときは、おばあさん猿が1匹、ずっと温泉に入っていて、他に、数匹がちょっと入ってはすぐに出るといった状態でした。

その入浴シーンを大勢の観光客がカメラを構えて覗いているシーンも面白いといえば面白い。8割は外国人観光客だったようです。

 

 

| | コメント (0)

2023/11/05

深山巴の宿

Img_4035

Img_4036

Img_4014

 

日光開山の勝道上人がここに庵を結び、3年修業したとの言い伝えが残る修験道場跡。檜の下の石祠には勝道上人・日本武尊が祀られています。

 現在でも禊場として使われているそうです。

 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧